支那派遣軍

2016.05.13.17:01

支那派遣軍は、大日本帝国陸軍の一総軍です。
支那事変解決を目的として編成され、支那大陸(中国戦線)の全陸軍部隊を統括しました。

Wiki.を参照に説明を加えます。
ーーーーー
昭和12年(1937)7月、盧溝橋事件勃発後発生した第二次上海事変への対応として上海派遣軍が編成され、続いて盧溝橋事件への対応として支那駐屯軍が方面軍たる北支那方面軍に格上げされた。

同年10月には上海への増援として第10軍が編成され杭州上陸作戦を行い、同月、上海派遣軍と第10軍の上級司令部として中支那方面軍が編成された。
ーーーーー
そして南京攻略戦により首都・南京は陥落し、中華民国国軍を追い払い、南京城内は派遣された大日本帝国陸軍により平定されます
ーーーーー
昭和13年(1938)2月の南京陥落後、中支那方面軍は隷下の両軍を含めて中支那派遣軍へと再編成された。

こうして中支那派遣軍と北支那方面軍が中国大陸方面での作戦に当たり、昭和14年(1939)9月に両者を統括する「総軍(総軍の編成は日露戦争における満州軍以来)」として大陸命362号に基づき支那派遣軍を編成した(これに伴い中支那派遣軍は廃止)。
ーーーーー
ここまでが、南京戦との関わりです。
首都陥落は日本軍の勝利となり、支那事変もしくは大東亜戦争の支那戦線の終焉が迎えられれば時局は好転したかもしれません。
しかし戦果を上げる支那派遣総軍は大日本帝国の運命を背負って大陸での陸戦を続けることとなります。
ーーーーー
大東亜戦争開戦時には、緒戦における一連の南方作戦のうち香港攻略戦を支那派遣軍(隷下第23軍)が担当し、以降敗戦に至るまで中国方面の作戦に当たった。

この戦下で、日本軍が太平洋で大攻勢が出来ないように連合国軍側は支那派遣軍を中国大陸に釘付けにさせる戦略方針をとったが、支那派遣軍は釘付けにされつつも戦術的には蒋介石率いる国民革命軍に勝利を重ねた。

終戦間際の昭和20年(1945)8月11日、岡村寧次第3代支那派遣軍総司令官は「百万の精鋭健在のまま敗戦の重慶軍に無条件降伏するがごときは、いかなる場合にも、絶対に承服しえざるところなり」と陸軍中央に電文を送っている。

終戦時、支那派遣軍の総兵力は105万を数えた。
ーーーーー
支那派遣軍概要
通称号:栄(栄集団)
軍隊符号:CGA
編成時期:昭和14年9月12日
最終位置:支那南京
ーーーーー
総司令官
初代 西尾寿造:昭和14年9月12日~
二代 畑俊六:昭和16年3月1日~
三代 岡村寧次:昭和19年11月23日~
ーーーーー
クリックすると元のサイズで表示します
スポンサーサイト

「百人斬り訴訟を支援する会」「南京戦向井野田両少尉の遺族を支援する会」

2015.02.27.22:50

週刊新潮「[特集]南京大虐殺『100人斬り訴訟』が暴いた大新聞の歴史的ウソ」2004.7.22日付号
-----
南京攻略に向かう戦闘で、中国兵を競って斬ったとされるのが、向井敏明少尉(26)“当時”と野田毅少尉(25)“同”である。当時の東京日日新聞が、昭和12年11月30日付の紙面を皮切りに、4回にわたって武勇伝としてそのニュースを伝えたことが発端だった。第1報のほんのさわりを紹介しておく。「まさに神速、快進撃、その第一線に立つ片桐部隊に『百人斬り競争』を企てた二名の青年将校がある。無錫出発後早くも一人は五十六人斬り、一人は廿五人斬りを果たしたといふ。(略)銃剣道三段の向井少尉が腰の一刀『関の孫六』を撫でれば野田少尉は無銘ながら先祖伝来の宝刀を語る」

まさに当時の新聞が、戦意高揚のための紙面作りを競っていたことの典型だろう。この記事が災いした。戦後、昭和46年に本多勝一氏が朝日新聞に掲載した『中国の旅』と題するルポの中で、日本兵による残虐行為として断罪したことから世に広まったのである。現在でも、中国各地にある抗日記念館には、「南京大虐殺」の象徴として、当時の新聞紙面と、向井、野田両少尉の写真が大きく展示されている。

向井、野田両少尉は、昭和22年12月、中国の法廷で戦犯として裁かれ、翌月に銃殺刑に処せられた。その判決の最大の根拠が、当時の東京日日新聞の記事だったのだ。だが、その記事自体が虚構であったとしたら、2人の少尉は新聞報道によって殺されたことになる。


これまでにも、研究者によって「100人斬り」などなかったことがたびたび論証されてきた。しかし今回の裁判は、昨年4月、向井、野田両少尉の遺族が、記事の訂正など名誉回復を求めて、毎日新聞と朝日新聞、本多勝一氏などを相手取って提訴したものである。遺族は、長い間、筆舌に尽くしがたい苦労を味わってきた。

「訴訟という形になればいいなと思っていましたが、公務員という仕事をしていましたし、お金もかかるので無理だと思っていました」と、原告の1人である向井少尉の次女の千恵子さん(63)は話す。彼女は、成田市役所に勤務し、課長、図書館長を歴任して平成13年に退職した。「父のことで、“戦犯の子供”と言われ続けて生きてきました。ことに本多勝一さんの連載が始まり、父たちのことを“殺人鬼”として登場させて以来、職場や家庭でも影響を受けました。夫からも、“お前は人殺しの娘だ”と言われるようになり、毎晩のように口論になりました。それがもとで離婚することになったのです。図書館の戦争コーナーには、左翼系の本ばかり置いてあります。このままにしてはおけない、という思いから、本格的に父のことで活動を始めるようになった。そもそも毎日新聞が訂正しなかったために、孫引きでいろいろなことを書く人が出てきてしまったのです」

野田少尉の妹で、鹿児島県下に住む野田マサさん(75)もこう話す。「向井さんに誘われて、私も訴訟に参加することにしました。一昨年、ちょうど向井さんが訪ねてこられる直前に、鹿児島で新聞やテレビ、教職員組合の後援で南京大虐殺の展示会が開かれたんです。娘が行きまして、主催者に会いたいとお願いしたら、“平和教育のためにやっているんだ”と言われたそうです。兄の写真も飾られていたみたいです。毎日と朝日には間違いを認めてほしい。南京の兄の写真も撤去してもらいたいと思います」

支援組織もできたことで、遺族はようやく訴訟にこぎつけた。戦後、半世紀以上を経た今日でも、遺族にとっては重くのしかかる問題だったのである。

-----

この支援組織が「百人斬り訴訟を支援する会」「南京戦向井野田両少尉の遺族を支援する会」です。
その活動は、今もネットで見ることができます。

「百人斬り」訴訟の意義は不変
http://www.mukai-noda.com/h1.html
遺族からの訴え(平成18年10月13日司法の歪みと対中外交を糺す決起集会での発言)
http://www.mukai-noda.com/h2.html
活動報告
http://www.mukai-noda.com/h3.html
署名活動報告への御礼、今後の活動
http://www.mukai-noda.com/h4.html
組織概要
http://www.mukai-noda.com/h5.html

その後、百人斬り訴訟を支援する会編による書籍「百人斬り訴訟」裁判記録集も発刊されました。

〈映画「南京の真実(仮題)」記者会見 質疑応答(H19.1.28)〉

2013.12.23.18:09



theme : 管理人からのお知らせ
genre : その他

〈映画「南京の真実(仮題)」記者会見⑪〉

2013.12.23.18:05



映画「南京の真実(仮題)」製作発表記者会見
平成19年1月24日 ホテルニューオータニ
児玉源太郎 篠沢秀夫 山際澄夫 田形竹尾 倉林和男 大高未貴 日下公人 高森明勅 井上たけし 渡辺眞 松浦芳子 二瓶文隆 桜井秀三 犬伏秀一 三井田孝欧 河内屋蒼湖堂

theme : お知らせ
genre : その他

〈映画「南京の真実(仮題)」記者会見⑩〉

2013.12.23.18:02



映画「南京の真実(仮題)」製作発表記者会見
平成19年1月24日 ホテルニューオータニ
西村幸祐 小山和伸 宮崎正弘 藤本隆之 田中英道 名越二荒之助

theme : はじめに。
genre : その他

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR