スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東中野修道氏著〈南京大虐殺は戦争プロパガンダだった〉

2016.08.27.17:29

南京大虐殺は戦争プロパガンダだった東中野修道(亜細亜大学教授) 月刊「日本の息吹」平成18年8月号

『南京事件 国民党極秘文書から読み解く』を書き終えて

東京裁判で死刑とされた松井石根大将の唯一の罪状とされた「南京大虐殺」。その論争はいまだに続いているが、その”南京大虐殺”の決定的証拠とされてきた本『戦争とは何か』。しかしそれが国民党の宣伝文書に過ぎなかったことが国民党の極秘文書「中央宣伝部国際宣伝処工作概要」の発掘によって明らかとなった

”南京大虐殺”登場の経緯今日のように南京大虐殺がわが国の歴史教科書に記載されたのは一九八〇年代からである。昭和四十七年(一九七二)、日中共同声明により日中国交が回復してから、約十年後のことであった。

南京大虐殺は昭和二十一年(一九四六)の東京裁判で断罪されたものの、その後長い間、教科書にも記載されなかった。この間、南京陥落から約四十年、「南京大虐殺など見たことも聞いたこともない」という関係者が殆どで、しかもご存命で、それを歴史事実とするには無言の批判があったかのようである。明らかに、万人を納得させる証拠に欠けていた。

ところが、一九八〇年代に、南京で虐殺があったと記す当時の記録が発掘される。それが陥落直後のアメリカの新聞記事「南京大虐殺物語」であり、陥落七ヶ月後に出たハロルド・ティンパーリ編『戦争とは何か――中国における日本軍の暴虐』であった。それを根拠として、南京大虐殺が主張され出したのである。

では、なぜ『戦争とは何か』が決定的な根拠とされたのか。編者は上海にいたティンパーリ記者であった。彼は戦争の悲惨さを力説していた。そしてその本の全八章のうちの最初の四章は、南京在住のアメリカ人が身に危険の及ぶのを避けるという名目のもと匿名で書いていた

つまりこの本は南京の第三者的立場からの已むに已まれぬ告発と思われた。日本軍入城後の最初の二十日間が問題とされたが、南京では陥落後「度重なる殺人」が起きて、「勝利した軍は当然、報酬を受けねばならない。その報酬というのも、略奪・殺人・強姦を意のままにすることである」などと書かかれていた。

やがて匿名の執筆者も判明する。マイナー・ベイツ教授とジョージ・フィッチ師であった。ベイツ教授は、東京裁判で四万人虐殺を主張したその人であり、東京裁判時と変わらぬ主張を南京陥落当時も記していたから、長いあいだ埋もれていた当時の真実を伝える記録がついに出てきた、と考えられたのである。

この種の本を、誰が疑うであろう。私もこの記録を読んだとき、もはや検証は不要かと思ったものだ。しかし、その一方で、南京戦に参戦された日本軍将兵や、南京戦に従軍したカメラマンや記者たちの、「南京大虐殺など見たことも聞いたこともない」という証言が、心の片隅に残ったままであった。

国民党宣伝部の戦争プロパガンダだった『戦争とは何か』

それから四半世紀が経った今、台北の国民党党史館から国民党中央宣伝部の極秘文書『中央宣伝部国際宣伝処工作概要』(一九四一)が出現した。この極秘文書は、国民党宣伝部が日本を貶めるために推進してきた秘密工作を内部報告していた。そして日本軍の南京占領にかんする国民党政府の歴史認識をも記していた

それによれば、国民党宣伝部は南京戦後に日本軍の暴行を暴くことを最優先課題としていた。その宣伝工作の成果として『戦争とは何か』が宣伝本として製作されたことが記されていた。

今日南京大虐殺の決定的根拠と言われる『戦争とは何か』は、あろうことか、国民党宣伝部の製作した戦争プロパガンダであったのだ。極秘文書からは、この宣伝本を作るべく様々な秘密工作を展開していたことが分析される。そのことや、アメリカの新聞記事が虚報であったことについては、新著の『南京事件――国民党極秘文書から読み解く』(草思社)に詳論しているので、本稿では割愛する。

ここでは私たちが南京大虐殺を論ずるうえで足枷となってしまう東京裁判におけるベイツ教授の証言を問題にしたい。私たちが『戦争とは何か』を高く評価した最大の理由は、ベイツ教授が南京大学の歴史学教授で、南京では有名な宣教師であったから、何にも左右されない社会的地位のある人物として、まず信頼したことにあった。その証言が一貫していたことがますます私たちの信頼を深め、それは真実と思えたのである。

ところが、ベイツ教授は、実は中華民国政府の顧問であり、第三者的立場にはなかった。国民党宣伝部の顧問であったティンパーリと手紙で連絡をとりながら、宣伝本の『戦争とは何か』の製作に携わっていた。その編集には国民党宣伝部から資金が流れていた

そしてまたベイツ教授の主張も一貫していなかったのである。確かにベイツ教授は『戦争とは何か』に、「埋葬による証拠の示すところでは、四万人近くの非武装の人間が南京城内または城壁附近で殺され、そのうちの約三〇パーセントはかって兵隊になったことのない人びとである」――これを「日本軍(四万人)不法殺害説」と略す――と書き、この持論を東京裁判でも証言していた。その主張は一貫していたかのようであった。

ところが、そうではなかった。国民党宣伝部が『戦争とは何か』の漢訳版から、この「日本軍(四万人)不法殺害説」の一文を削除したとき、また国民党政府軍事委員会に直属する特殊機関としての国際問題研究所が四度転載して四度削除したとき、ベイツ教授はその削除に同意していた

それは、ベイツ教授も「日本軍(四万人)不法殺害説」を否定していたことを意味する。これを分かり易く言えば、国民党政府やベイツ教授は「日本軍(四万人)不法殺害説が抜け落ちていますよ」と指摘されて、「四万人殺害どころか、不法殺害の事実が認められなかったから、それは間違っているので、わざわざ削除したのです」と五度も答えているのと同じなのである。

一九八〇年代から信じて疑われなかった南京大虐殺は、戦争中日本軍を貶めるために作られた、シロをクロと言う戦争プロパガンダだったのである。その隠された真相が今ようやく明らかになったという思いである。
スポンサーサイト

ユネスコの嘘04、捏造された資料が世界遺産?

2015.11.19.06:13

2015.7.30【歴史戦】「捏造された資料」 ユネスコに反論書簡 日本の民間団体「南京」「慰安婦」中国の記憶遺産申請に異議【パリ=内藤泰朗】
http://www.sankei.com/politics/news/150730/plt1507300035-n1.html


中国政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に南京事件と慰安婦の歴史資料の登録を申請した ことを受け、日本の複数の民間団体が30日、パリのユネスコ本部を訪れ、 中国側の申請は「捏造された資料」に基づくものだ とする反論書簡をユネスコ側に提出し、登録しないよう申し入れた。

昨年6月の申請時の文書によると、 中国政府は旧日本軍が多くの中国人を殺害したとして、「南京虐殺」と、慰安婦に関する歴史資料を世界記憶遺産に登録申請した。 登録されると「歴史的に貴重な資料」と公式に認められ、デジタルデータで保存され、広く一般に公開されることになる。

反論書簡は拓殖大学の藤岡信勝客員教授と明星大学の高橋史朗教授の2人が監修。 ユネスコと、勧告を出す予定の国際諮問委員会の各国の専門家14人に宛てて作成された。 書簡は、 南京事件は「日中戦争当時、日本軍と戦う中国国民党が日本軍の残虐性と非道さを描くためのプロパガンダ(政治宣伝)として捏造した事実で創作したものだ」 と断じ ている。 書簡とともに、主張の根拠となる参考文献や反対署名の名簿も提出された。

ユネスコ日本代表部は、「中国側が日中両国の過去に起きた負の遺産をあおり立てていることは遺憾だ、という日本側の立場をユネスコ側に伝えた」としている。

向井、野田両少尉の遺書

2015.03.15.05:51

「死刑に臨みて
此の度中国法廷各位、弁護士、国防部の各位、蒋主席の方々を煩はしました事につき厚く御礼申し上げます。
只俘虜、非戦斗員の虐殺、南京虐殺事件の罪名は絶対にお受け出来ません。お断り致します。死を賜りました事に就ては天なりと観じ命なりと諦め、日本男児の最後の如何なるものであるかをお見せ致します。
今後は我々を最後として我々の生命を以て残余の戦犯嫌疑者の公正なる裁判に代えられん事をお願い致します。
宣伝や政策的意味を以て死刑を判決したり、面目を以て感情的に判決したり、或は抗戦八年の恨みを晴らさんが為、一方的裁判をしたりされない様祈願致します。
我々は死刑を執行されて雨花台に散りましても貴国を怨むものではありません。我々の死が中国と日本の楔となり、両国の提携となり、東洋平和の人柱となり、ひいては世界平和が、到来する事を喜ぶものであります。何卒我々の死を犬死、徒死たらしめない様、これだけを祈願します。
中国万歳
日本万歳
天皇陛下万歳 野田 毅」


「辞世
我は天地神明に誓い捕虜住民を殺害せること全然なし。南京虐殺事件等の罪は絶対に受けません。死は天命と思い日本男児として立派に中国の土になります。然れ共魂は大八州島に帰ります。
我が死を以て中国抗戦八年の苦杯の遺恨流れ去り日華親善、東洋平和の因ともなれば捨石となり幸です。
中国の御奮斗を祈る
日本の敢奮を祈る
中国万歳
日本万歳
天皇陛下万歳
死して護国の鬼となります。 十二月三十一日 十時記す 向井敏明」



巣鴨遺書編纂会編『世紀の遺書』(白菊会出版部 一九五四年)より。
一部、漢字はひらがなに変換し、現代仮名遣いに改めた。


昭和22(1947)年12月18日戦犯法廷に出廷中の(左から)田中(軍吉)・向井・野田の3名)

渡部昇一先生読本(2)「年表で読む日本近現代史」(中)目次と戦中編

2015.01.23.06:24

more...

東條由布子女史 日本外国特派員協会記者会見 平成18年7月4日

2014.11.17.02:08





~~~~~
こんばんは。東條由布子です。今日は私のためにこれだけ多くのマスメディアの方々にお集まり頂き、ありがとうございます。

今回の記者会見では私が出馬に至った経緯について述べさせていただきます。私の出馬の理由を一言で言いますと、日本の名誉と誇りを回復するために出馬いたします。ご存知のように、私の祖父は大東亜戦争開戦時の首相である東條英機です。東條は戦後日本では一貫して戦犯として扱われてきました。祖父の名誉を回復すること、このことは日本の名誉を回復することにもつながると信じております。

祖父も祀られている靖国神杜の問題が世界中で話題となっています。特に特定のアジアの国々からは、総理の靖国参拝について厳しい批判の声が上げられています。

自身が首相になる前には靖国神杜に堂々と参拝していた安倍晋三氏は総理になったら靖国神社に参拝するかどうかは明らかにしない「あいまい戦術」をとっています。私は安倍総理の現在の教育基本法改正にかける情熱や憲法改正に対する情熱は極めて高く評価しております。

しかし、こと靖国神杜の間題に関しては、残念な思いでいっぱいです。自国の祖先が国家のために亡くなったにも関わらず、それを後世の国民がお祀りしないということは、国を思う心を失わせることにつながっているのではないでしょうか?

そして、ある独立国家がどのような形で自国の戦死者を弔うかはその国家の問題であって、他国にいちいち言われる筋合いのないものだと強く感じております。 「靖国神杜に首相は参拝するな」と言ってくること。これは内政干渉です。

従軍慰安婦について

また、日本の歴史について言えぱ、先日アメリカの下院外交委員会にて従軍慰安婦に関する謝罪決議案が採択されました。これもまたアメリカによる日本の歴史に対する内政干渉であると、私は考えております。

当時の日本軍において「慰安婦」という存在はありませんでした「慰安婦」という存在はありましたが、軍が強制的に女性達たちを「性奴隷」とした歴史は日本にはありません。 これは多くの歴史家によって証明されています。「商行為」としての慰安婦が存在したことは悲しい歴史の事実です。

しかし、それはどこの軍隊にもあった話です。

例えば、アメリカにも、軍が関与した「慰安婦」は存在していましたし、韓国でも朝鮮戦争において日本と同じように慰安婦制度を採用していました。

これはその戦場にいる無辜の女性たちが被害に遭わないようにするためであり、悲しいシステムではありますが、この存在をもって日本軍ひいては日本人全てが野蛮であったと断定することは、不見識もはなはだしいと思います。この問題は人間の暗部ではありえても日本人特有の暗部ではありません。


南京大虐殺について

この慰安婦問題のように流布されている、日本の歴史は本当に嘘が多いのです。そのことに日本人もなかなか気づきませんし、そんな嘘のために日本とアメリカ、日本と中国、日本と韓国の外交間題になってしまっているというのは、本当に嘆かわしいことです。

そんな日本の歴史の嘘の中でも、一番酷いのが、「南京大虐殺」という嘘です。戦争中、日本軍は中国の南京で無辜の一般市民を30万人虐殺したと言われています。日本軍は南京でホロコーストを行ったと言われています。しかし、私は日本軍はナチスドイツのユダヤ人虐殺とは異なり南京で30万人を虐殺するホロコーストなど行っていないと考えています。

記録によれば、日本軍が南京に入城した際に、南京には20万人の人々が住んでいました。ならば次の質問に答えて頂きたいと思います、「日本軍は20万人しかいない土地で30万人も殺せるのですか?」という単純な質問です。しかも、統計によると日本の南京占領後、人口は増加するのです。この事実はどう考えるのでしょうか?

さらに、未だに虐殺を裏付ける証拠や直接虐殺現場を見たという証言はありません。虐殺の証拠写真として宣伝されているものはすべて疑わしいもので、歴史家の手によってその偽造が証明されております。

それにも拘らず、南京大虐殺は事実と見なされ、今年は世界中で12本もの南京大虐殺映画が製作されると聞きます。「これだけ映画が作られるということは事実に違いない」。皆さんそうお思いでしょう。しかし、それでも私は「日本はやっていない」と声を大にして言いつづけます。今、日本の民間人有志が「南京の真実」を世界に広めるために私財をなげうって頑張っています。チャンネル桜の水島社長の心意気に大いに賛同します。

しかし、これは本来国家として、日本が日本の名誉を守るために行うことではないでしょうか。

原爆投下について

日本は1945年の8月6日に広島、9日に長崎に核兵器による攻撃を受けました。この日付は、日本人なら誰でも知っています。この攻撃で、民間人30万人が犠牲となりました。それはもう、それまでの世界の歴史の悲惨さをすべて足し合わせてもまだ足りないくらいの、悲しい出来事でした。なぜ日本人が、それも民間人が30万人も殺されなけれぱならないのでしょうか。

アメリカの言い分は、核兵器の威カを示して日本を降伏させるため、ということなのでしょうが、これは全くナンセンスな見解です。では、なぜ民間人が住む市街地に落としたのでしょうか。それも、なぜ威力を示すだけなのに二発目を落とす必要があったのでしょうか。

原爆投下は、ナチスのユダヤ人虐殺と全く同じ次元の野蛮な行為です。「有色人種なら何十万人でも殺しても良い」という人種差別意識がなければ、こんな野蛮なことはとてもできません。市街地に落とす必要は全くありませんでした。日本には山も、海も、湖もたくさんあります。威力を示したいだけなら、人の住んでいないところに落とせぱよかったのです。

また、また何故二発も落とす必要があったのでしょうか。広島はウラン型、長崎にはプルトニウム型が投下されています。アメリカは、日本人で人体実験をしようとしていたのです。それも、30万人の民間人を使って、人間が放射能でどのように死んでゆくのかを、観察しようとしたのです。

事実、GHQは日本の敗戦後来目し、まず真っ先に広島へと向かいました。原爆投下という人体実験の「結果」を見たくて見たくて仕方が無かったのです。日本人は、薬を開発されるために殺されたネズミと同じように扱われたのです。

先日、久間防衛大臣が、アメリカによる原爆投下を容認するかのような発言をしました。どうやらその発言を謝罪はしたようdせうが、撤回はしていないようです。原爆の投下を容認する防衛大臣は防衛大臣として失格ではないでしょうか!自国を守らなければならないその最高責任者が自国の民を殺されたことを堂々と容認する、こんな事態は本当におかしいと思わざるをえません。

大東亜戦争について

どうしてこんなにおかしいのでしょうか?どうして原爆投下を容認できるのでしょうか?そのためには大東亜戦争に関する正しい解釈がなされなければならないと思います。久間防衛大臣をはじめとして、彼らは日本が一方的な「侵略戦争」を行ったと考えているからこそ、原爆を投下したことによって日本が戦争をやめ、よかったと考えているのではないでしょうか。

しかし、日本は果たして侵略戦争を行ったのでしょうか?大東亜戦争とは侵略戦争と決め付けて良いのでしょうか?その検証を行わなければなりません。そのことを私は強く感じております。

さて、大東亜戦争にについては、さまざまな書物が提出されております。私の祖父東條英機も東京裁判の宣誓供述書において、「あの戦争は決して日本の侵略戦争ではない」と強く強調しております。また、マッカーサー元帥ですらこのような告白を行っています。

日本は侵略戦争などしていません。敢えて言わせて頂きたいのですが、大東亜戦争は日本にとって間違った戦争ではなかったと、私は考えています。ただひとつだけ間違いがあったとすれぱ、それは負けてしまったことです。だから、祖父、東條英機に戦争責任があるとすれぱ、それは戦争を始めたことではなくて戦争に負けてしまったことです。

この「大東亜戦争」ですが、戦後の日本では、大東亜戦争のことを太平洋戦争と呼んでいます。GHQによって大東亜戦争という言葉を使うことが禁止されてしまったからです。このアメリカが行った卑劣な洗脳工作は、今なお戦後の日本人を縛り続けています。大変、嘆かわしいことです。

我々の祖父の世代の日本人が戦ったのは、決して太平洋戦争ではありません。大東亜戦争です。 愚かで戦争が好きな日本人が、太平洋に、中国に、東南アジアに侵略を仕掛けた、そのような意味が、太平洋戦争という言葉には込められています。これは絶対に違うと私は申し上げたい。

当時、白人はアジアを植民地支配していました。それを解放する大義をもった戦いが大東亜戦争なのです。アメリカはフィリピン、イギリスはインド、フランスは東南アジア、オランダはインドネシアを植民地にしていました。そして、現地の住民をまるで奴隷のようにこき使っていました。

この白人の横暴に対して日本は立ち上がったのです。世界各国は日本が侵略戦争を行ったといいますが、そうではないと私は訴えたいのです。

そもそも大東亜戦争開戦前、アメリカは日本に何をしましたか?石油の輸出を止めました。日系移民に対して差別を行いました。資源が乏しい日本への露骨な嫌がらせです。極めつけがハル・ノートです。絶対に日本が承諾することのできない要求を一方的に突きつけてきました。

日本がこつこつと積み上げてきた財産を放棄しろと命令したではないですか。日本人は怒りました。当然です。アメリカは口先で国際協調といいながら、中国の権益が欲しかっただけなのです。だから日本が邪魔だった。このハル・ノートにこそ白人の傲慢さがはっきりと表れています。

私は、あの最後通牒に対して日本人が立ち上がったことを誇りに思います。受け容れたならば日本人は真の奴隷となっていたでしょう。アジアで唯一、白人の植民地とならず孤軍奮闘を続けてきた日本は戦わねぱならなかったのです。結果的に敗れはしたものの、日本人の誇りは保たれたのです。

こんな素晴らしい戦争を戦った日本の誇りは、どうして現在失われてしまったのでしょうか。答えは簡単です。大東亜戦争を戦った日本人の精神の高貴さを忘れてしまったからです。

日本人の精神が、昔のように輝かなくなってしまったのが戦後という時代なのです。そして、この、日本人の精神の高貴さこそ、私が今の日本に取り戻したいものなのです。私が今回の参議院選挙に出馬しようと決意したのも、この、日本人の精神の高貴さを取り戻すためにほかなりません。

~~~~~

/東條由布子の「凛として愛する国に」
http://www.tojo-yuko.net/insistence/insistence.html
プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。