スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗日連合会(1)正式名称は世界抗日戦争史実維護連合会

2016.11.28.02:25


抗日連合会(Global Alliance)、正式名称「世界抗日戦争史実維護連合会(せかいこうにちせんそうしじついごれんごうかい、Global Alliance for Preserving the History of WW II in Asia」の公式サイトでは、昭和12年(1937)の日本軍南京入場やあからさまな南京事件捏造写真を掲載しています。英語表記のため解説は読めませんが、日本の歴史を捻じ曲げるロビー活動を米国を中心として世界に繰り広げる反日団体であることがわかります。


山手治之氏「第二次大戦時の強制労働に対する米国における対日企業訴訟について(京都学園法学 33/34,2001-03-20)」によると、抗日連合会には、提携団体として国際NGO「アジアでの第二次世界大戦の歴史を保存するための地球同盟」(サンフランシスコ)があり、対日集団訴訟への呼びかけに強い影響力持ちます。


その背景として、アイリス・チャンの著書「ザ・レイプ・オブ・南京」の影響、つまり「南京大虐殺=第二次大戦の忘れられたホロコースト」の誤った認識が米国で広まっているとの指摘があります。さらに、集団訴訟の原告側の弁護士は2001(平成13)年に上海で開かれた慰安婦問題シンポジウムに参加しています。


在米中国系反日団体 日本の「残虐行為」への謝罪と賠償をなお要求 2009.6.29 産経新聞【ワシントン=古森義久

カリフォルニア州クパティーノに本部をおく在米中国系住民主体の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会と略)-。-同抗日連合会は1994年に在米中国系の活動家らによって結成され、戦争中の日本軍の残虐行為に対し戦後の日本はなお謝罪も賠償も十分にはしていないとして、それらを求めることを活動の最大目標としてきた。日本の戦時中の残虐行為などは戦後、一連の軍事裁判でいちはやく裁かれたほか51年のサンフランシスコ対日講和条約で賠償や謝罪もすんだとするのが日米両国政府の見解だが、同抗日連合会は日本政府がこれまで謝罪も賠償もしていないという立場をとり、日本を非難してきた

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。