66年目の夏(中)

2011.09.12.15:04

66回目の終戦の日を迎えた平成23年8月15日、政府が主催する全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれました。

国学院大学教授・大原康男 自国の戦没者を悼む原点に返れ(2011.8.17 02:38)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110817/plc11081702390002-n1.htm

この機会に、全国戦没者追悼式における首相の式辞のありようについて少々考察してみたい。「支那事変以降の戦争に因る死没者(戦災死者などを含み、軍人軍属に限らない)」を対象としたこの追悼式は、占領が終結した直後の昭和27年5月2日に新宿御苑で行われたのが嚆矢である。主催者である政府を代表する吉田茂首相の式辞は、「日華事変以降の全国における戦没者の追悼式を行ってその冥福を祈り、遺家族諸氏の労苦に深く同情の意を表し、再びこのような大きな不幸が繰り返されることのないようにと祈念するものであります」というもので、あくまで同胞の戦没者と遺族に対するものであった。

ところが、次に登場した細川護煕首相から大きな変化が生じた。平成5年の式辞で細川首相は「アジア諸国をはじめ世界の国々のすべての戦争犠牲者とその家族」にまで対象を拡大したのである。当然のことながら、それには細川氏が首相就任の際に示した、先の大戦を「侵略戦争だった」とする歴史認識が前提となっている。我が意を得たりとばかり、村山富市首相は終戦50年に当たる2年後の平成7年に、「多くの国々、とりわけアジアの諸国民に対しても多くの苦しみと悲しみを与えました。私は、この事実を謙虚に受けとめて、深い反省とともに、謹んで哀悼の意を表したいと思います」という一方的な謝罪の文言を式辞中に追加したのである。加えて、「反戦平和」という左派平和運動のスローガンに由縁する「不戦の決意」なる一節を初めて挿入したのも村山首相である。この“自虐史観”をさらにエスカレートさせた「村山談話」とも相俟って、ーその後の首相の式辞に大きな縛りをかけることになったのは既知の通りである。

そんな中でも、小泉純一郎首相は平成13年に、(橋本首相の例外的参拝を除けば)中曽根康弘首相以来16年ぶりに靖国神社に参拝しただけに、戦没者に対し「敬意と感謝の誠を捧げたい」との熱い思いの一節を加えるなど、多少は式辞を改善させていくかにみえた。しかし、「不戦の誓い」の言葉は残り、首相の口癖である「心ならずも命を落とされた」という、言わずもがなの表現が付記されたように、改善は必ずしも十分なものではなかった。ー安倍晋三、福田康夫、麻生太郎の各首相の式辞もこの路線をほぼ踏襲した。


全国戦没者追悼式典は、謝罪外交の場などではいっさいなく、先の大戦で命を賭した英霊と遺族の皆様への餞の式典なのです。
これは、私たちの御心である陛下の挨拶からも伺い知れます。


天皇陛下のお言葉全文(2011.8.15)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110815/imp11081512150000-n1.htm

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来すでに66年、国民のたゆみない努力により、今日のわが国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨はいまなお尽きることがありません。
ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民とともに、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和とわが国の一層の発展を祈ります。



今年の式典では、さらに次のようなことが起こりました。

【終戦記念日】菅直人首相のあいさつ長くて…政府主催の全国戦没者追悼式、黙祷遅れる(朝日新聞8月15日)
http://www.asahi.com/national/update/0815/TKY201108150319.html

15日にあった政府主催の全国戦没者追悼式で、正午の時報を合図に始まる予定の黙祷が20秒余り遅れた。直前の菅直人首相のあいさつが予定より長くなったため。厚生労働省によると、黙祷が遅れたのは、手術後の昭和天皇が参列した昭和最後の1988(昭和63)年以来という。


吉田茂氏以来、歴代の首相の中で戦没者式典の黙祷を挨拶で遮ったのは菅首相ただ一人です。
菅首相は最後の最後まで英霊への禊を踏みにじり、我先とする態度は国民を愚弄した政権運営と同じに見えます。
トピックの最後の締めくくりが瞑走ネタになってしまい、すみません \(_ _。 ...

スポンサーサイト

theme : 民主党
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR