スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社とA級戦犯(1)極東軍事裁判

2011.10.07.18:53

A級戦犯(A級戦争犯罪人)とは、大東亜戦争(太平洋戦争)の責任罪を負った者を指します。
A級で約200名、その他B級(指揮・監督にあたった将校・部隊長)・C級(捕虜の取り扱いにあたった者)で約5700名とされます。
しかし、「A級戦犯」という名称は、日本の法律で定められた言葉ではありません。

日本は、大東亜戦争にてポツダム宣言を受諾し降伏、そして、連合国軍の占領下に入りました。
そのポツダム宣言には「戦争犯罪人に対しては峻厳な裁判が行われるべし」との項目が入っていました。

昭和21年(1946)、連合国軍は、マッカーサー元帥の名のもとに、極東国際軍事裁判(東京裁判)を開きました。
罪状は東條英機首相を始め、日本の指導者28名を「文明」の名によって世界征服の責任を裁くというもので、通常の戦争犯罪(B級犯罪)に加えて「平和に対する罪」(A級犯罪)でも起訴された。

極東軍事裁判は、「文明」の名のもとに「法と正義」によって裁判を行った文明の裁きと呼ばれる一方、事後法の遡及的適用であったこと、裁く側はすべて戦勝国が任命した人物で戦勝国側の行為はすべて不問だったことから"勝者の裁き"とも呼ばれています。

ドイツの戦犯を裁いたニュルンベルク法廷が連合国の管轄下にあったのとは違い、本裁判はダグラス・マッカーサー司令官が布告する極東国際軍事裁判所条例に基づいて行われました。

そもそもチャーター(極東国際軍事裁判所条例)は国際法(国際的な会議で決められた条約や、日本が他国と結んだ条約などの総称)に基づいておらず、この裁判は政治的権限によって行われたとの批判があり、「事後法」や連合国側の戦争犯罪が裁かれない「法の下の平等」がなされていない不備など批判の多い裁判でした。

彼らは、国際法に従いその罪を裁かれましたが、起訴状には「平和に対する罪」「人道に対する罪」という当時の国際法には無い法概念がありました。
当時、戦争は有効な政治手段として認められており、このような概念で国家の指導者を裁くことは、国際法の歴史上初めてのことでした。

この東京裁判については、正当性を疑う見解が多く、今日でも論争が絶えません。
「法なければ罪なく、法なければ罰なし」という法律の大原則が破られ、日本の戦争責任を問うために、新たな法概念を追加したように見えるからです。
つまり事後法による裁くことは正道かということです。

現に、東京裁判の判事達の中で、唯一国際法の専門家であったインドのパール判事は、国際法上の根拠を欠くとして、被告全員の無罪を主張しました。
後の歴史家・法律家の中には、あの裁判は報復裁判であったとの意見も多く存在します。

事実、パール判事は判決に際して判決文より長い「意見書」(通称「パール判決書」)を発表し、事後法で裁くことはできないとし「全員無罪」と主張しました。
この意見は「日本を裁くなら連合国も同等に裁かれるべし」というものではなく、「被告の行為は政府の機構の運用としてなしたとした上で、各被告は各起訴全て無罪と決定されなければならない」としたものであり、「司法裁判所は政治的目的を達成するものであってはならない」としたものです。
また、フランス人のアンリー・ベルナール判事は、裁判後「すべての判事が集まって協議したことは一度もない」とこの裁判の実態を指摘しました。
さたに、オランダ人のベルト・レーリンク判事は、当初の多数派判事による「戦勝国としての判事」としての考え方から、パール判事の公平性に基づいた主張に影響を受け、「多数派の判事たちによる判決はどんな人にも想像できないくらい酷い内容であり、私はそこに自分の名を連ねることに嫌悪の念を抱いた」とニュルンベルク裁判の判決をこの裁判に当てはめようとする判事たちを批判する内容の手紙を友人の外交官へ送っています。

結局、この裁判では、東条首相ら 7人が絞首刑、16人が無期懲役、2人に有期禁固刑の判決が下り、1人が病気のため免訴、2人が裁判中に病死という結果に終わりました。



また、この極東軍事裁判のほか、世界各地で連合国軍の軍事裁判が開かれ、数々の戦争指導者が有罪となりました。これらの裁判で、戦犯達は A級・B級・C級と区別され、900名以上の者が死刑判決を受けました。

=参考文献=

A級戦犯って何?
http://members.jcom.home.ne.jp/persianopeh/research/senpan/

極東国際軍事裁判ーWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/極東国際軍事裁判
スポンサーサイト

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。