スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「南京事件」発展史』

2010.05.05.18:58

クリック!!
人気ブログランキングへ



この著書による有名な4段階の発展史は政治的根拠により紐解かれます。
これに幾つかの検証を加えて、南京大虐殺はなかった!の発展史として試みます。

第一段階「原初的南京事件」 (日本軍に南京行政権を奪われた国際安全委員会が『南京安全地帯の記録』にて日本軍を非難する宣伝。犠牲者52人)

以前、この発端の発端ではないかと思われる記事を書きました。

火のないところに煙が立った日~南京安全区国際委員会

第二段階「ベイツ南京事件」(劣勢にあった中国国民党政府が国際世論を味方にするため『戦争とは何か―中国における日本軍の暴虐』を出版。犠牲者1万人、4万人)

宣教師ベイツはベイツは中国国民党宣伝部顧問でもあり、上海にいたティンバリー記者に送った文章を元に『戦争とは何か』が出版されましが、提供する側される側共に真実を見ても伝えてもいませんでした。

さらに、ベイツの記した「四万人近くの非武装の人間が南京城内または城壁付近で殺され、そのうち約30%はかつて兵士になったことのない市民」の文号は重版を重ねるうちに消えてしまっていたのです。同じデマでも、これでは物足りないということでしょうか。

第三段階「東京裁判南京暴虐事件」 (日本人に贖罪意識を持たせる宣伝。広島・長崎の原爆死者数(21万~22万人)に匹敵する規模として犠牲者20万人)
昭和23年11月11日の東京裁判で「後日の見積もりによればこの間に南京とその周辺で殺された一般人と捕虜の総数は二十万以上であった・・・。」と判決

見積もりという言葉もいい加減ではありますが・・

米軍マーシャル著「勝利の記録」1945年(東京裁判前)では「日本は奉天、上海、真珠湾、バタアンにおける悪行に対し・・」と南京事件を記憶していません。

第四段階「朝日新聞(中国共産党)南京大虐殺事件」(日中国交正常化にあたり、中国は外交、朝日新聞は主権のため、日本が中国に対し常に贖罪意識を持つための宣伝。犠牲者30万人)
昭和46年朝日新聞は『中国の旅』を連載し、<(虐殺は)翌年二月上旬まで二ヶ月ほど続けられ、約30万人が殺された(『中国の旅』259頁)>と書きました。

藤岡教授はこれらに加え、第五段階は1997年に出版されたアイリス・チャン著「ザ・レイプ・オブ・南京」以後とし、これによって中国共産党の宣伝舞台は世界を照準とします。

新撃論ムック・情報戦「慰安婦・南京」の真実より・南京の真実を求めて・南京大虐殺はこうして生まれた・藤岡信勝(自由主義史観研究会代表・拓殖大学教授)/教科書が教えない歴史・自由主義史観研究会公式サイト

この一端は日本の安保理常任理事国入り反対運動を世界規模で展開するためであり、中国共産党のロビー機関・抗日戦争史実維持連合会(1994年設立)が米国で「南京〈偽〉写真展」を主催したのがその3年前、抗日戦争史実維持連合会の当時の会長が「ザ・レイプ・オブ・南京」を全面的バックアップという経緯となります。

この仕業に対抗するため、日本では平成12年(2000)「日本南京学会」が結成されます。

主張 冷静で自由な史料批判を(産経新聞社 2000年10月30日)

会長・東中野修道教授による143枚の写真はプロパガンダのための偽物との証明(東中野修道他『南京事件「証拠写真」を検証する』2005年草思社)、中国国民党が欧米人に代弁させる「曲線的宣伝」手法の証明(東中野修道『南京事件 国民党極秘文書から読み解く』2006年草思社)が成果を出します。

そして「日本南京学会」理事である冨澤繁信氏が、万を期して著し、平成19年(2007)年に出版したのが『「南京事件」発展史』です。
冨澤氏は現在88歳(米寿)、東大卒住友系列にて事業家として第一線に立ち、後半生を日本の名誉を回復するため歴史家として捧げます。
経済競争で培われた分析力を、今度は南京大虐殺はなかった!に注ぎます。



クリック!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2010.05.28.00:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。