スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判は国際法を無視した報復裁判/A級戦犯とは何だ!

2012.02.10.18:14

従来、戦争は国際法の上から見て合法的な手段であると認められていました。
クラウゼヴィッツが有名な『戦争論』の中で「戦争はかたちをかえた政治的手段である。」と主張しているように、戦争は容認され、国家に与えられた基本権だったのです。
ただその中で、戦争の手段・方法は、人道的見地から法的に規制されていました。
当時、交戦法規違反として禁じられていたのは、例えば、非戦闘兵の殺傷、非防守都市ないし非軍事目標への攻撃、不必要な残虐兵器の使用、捕虜の虐待であり、戦争自体を計画することや準備すること、実行すること、戦争それ自体は、違法ではなかったのです。
つまり、当時考えられていた「戦争犯罪人」とは、交戦法規に違反した者のことで、相手側の交戦国が戦時中にこの者を捕えたときには「戦争犯罪人」として処罰することができたのです。

連合国が起訴する際の基礎にした不戦条約には、1国際紛争解決のため戦争に訴えることを不法とし、2一切の紛争を平和的手段により解決すべきこと、が定められ、侵攻戦争を違法化していましたが、自衛のための戦争は禁止していませんでしたし、何が侵攻戦争であり何が自衛戦争であるかも、当事国の解釈に委ねられていました。
そして、たとえ侵攻行為の認定が可能だとしても、その違法行為(国際不法行為) 責任は生じますが、犯罪責任は生じ得なかったのです。

このように考えてくると、ポツダム宣言第10条にある「吾等ノ俘虜ヲ虐待セル者ヲ含ム一切ノ戦争犯罪人」の中に、東京裁判で訴因として上げられた「平和に対する罪」「人道に対する罪」は、決して当時の国際法上の「戦争犯罪」に含まれるものではなかったことが、はっきりわかります。

インド代表のパール判事は、「復讐の欲望を満たすために、たんに法律的な手続きを踏んだにすぎないようなやり方は、国際正義の観念とはおよそ縁遠い 。こんな儀式化された復讐は、瞬時の満足感を得るだけのものであって究極的には後悔をともなうことは必然である。」として「全員無罪」を主張しましたが、 その主張のように、連合国は国際法に準拠する装いをしながら、実際には国際法を無視した違法な報復裁判を実施したわけです。

東京裁判が国際裁判であるならば当然、戦争の勝者だけでなく敗者と中立国も加えて裁判を構成しなければならないはずですが、東京裁判では、裁判を構成する判事11名が何れも戦勝国で占められ、検事の役割も戦勝国のみで担当されました。
このようなところからも、勝者である連合国が敗者である我が国を一方的に裁いた裁判であったということができます。

さらに重要なことは、この裁判が、法の不遡及の原則(事後法禁止の原則)と罪刑法定主義の原則に違反していることです。
法治国においては、この2つは根本原則となっています。
その原則からいえば、東京裁判の法的根拠となっているポツダム宣言が発せられた昭和20年(1945)7月26日の時点における戦争、即ち大東亜戦争のみが裁判の対象とならなければならないのに、対象を拡大して昭和6年(1931年)の満州事変以降、大東亜戦争までの一切を対象としています。

昭和58年5月28・29日の両日、東京池袋のサンシャインシティ(元巣鴨拘置所跡)で行なわれ「『東京裁判』国際シンポジウム」の 際、西ドイツ・ルール大学学長のクヌート・イプセン博士は、-「平和に対する罪〔侵攻戦争を行った罪〕を裁く東京裁判の管轄権は、その当時有効であった国際法に基づくものではなかった」「裁判所条例は、事後立法を含んでいて、東京裁判自体により“一般的な正義の原則”と認められていた罪刑法定主義とは相いれないものだった」「大多数の国は現在でも、国際法上の犯罪に対する個人責任を認める用意ができていない」と国際法に対する違法性を端的に述べています。これが、今日の東京裁判理解の常識といえましょう。

以上のように、東京裁判は、国際法準拠を装いながらも、実際はそれを歪曲拡大解釈し、我が国の戦時指導者を戦争犯罪人としたものであり、我が国に対する報復裁判以外の何物でもなかったのです。


A級戦犯とは何だ!PDF
http://www.sinseiren.org/Akyusenpan.pdf
スポンサーサイト

theme : ロースクール(法科大学院)
genre : 学校・教育

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。