河村たかし名古屋市長殿へ

2012.03.03.00:26

前略

2月20日の中国共産党南京市委員会幹部の皆様との懇談の席において、日本軍による南京虐殺事件はなかったのではないかと問題提議していただいたこと、本当にありがとうございました。

私も、河村市長と同じく、南京攻略戦は戦時の通常の戦闘行為であったと理解しています。

しかし、国際社会のバランスの中で責務を果たさなくてはならない日本の政治家のおひとりである河村市長がそのように発言することは、たとえそう考えていても、実は簡単なことではないのかったのかもしれません。

その上で「(歴史認識を)正すのが私の社会的、政治的使命」「この問題だけはきちんとして、日本の将来の子どもたちのためにプレゼントしたい」とまで言っていただき、重ね重ね感謝いたします。

南京事件では、当時の南京市の人口の推移、中国国民党軍の内乱、便衣兵(ゲリラ)が捕虜となったこと、さらには虐殺事件そのものの証しが全くないのです。
その上で中国は30万人が虐殺されたと宣伝する南京虐殺資料館を世界遺産にしようと推挙しています。
河村市長の意見に対しては「南京大虐殺は動かし難い証拠がある」と反論しています。

もしその証拠というのが中国で裁かれた、そして南京大虐殺館の看板となっている「百人斬り」事件であるとすれば笑止千万です。
「南京大虐殺」のまぼろし」の著者・鈴木明氏が辿り着いた答えに「南京大虐殺」と「百人斬り」のレトリックがあります。
百人斬り事件が「南京大虐殺があったのだから百人斬りがあった」という論法が南京の戦犯法廷で下され、もう一方の東京裁判では「百人斬りがあったのだから南京大虐殺があった」という検察主張となっていて、相互補完を呈してるのです。

河村市長は、南京市で戦後を迎えたお父上が現地で優しくもてなされたことを挙げ、身近な事実から中国の公人に対して南京事件の真実に踏み込まれました。
片や中国では、河村市長の意見全てを紹介せず、南京事件を否定する一説だけを掲げて非難しています。
どちらに真実があり、さらに真実味があるか、一目瞭然のはずです。

私は断固河村市長の意見を支持します!
是非これからも南京事件の真実を追求してください。
私たち日本人が伝統と文化に培われた日本を取り戻すために、日本の将来の子どもたちに誇りある日本を知っていただくために、お父上ら日本のために尽くされた先人の名誉を回復するために、そして新たなる21世紀と言う時代に日本文明が繁栄していくためにも。

敬具

togyo拝
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR