スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈●超拡散Ⅲ《『月刊中国』一部転載・南京問題関連情報》〉

2012.04.08.10:53

■今まで、1950年~1970年代の中国国内の体験的「南京問題」を、知る機会はありませんでしたので、鳴霞氏の告白は新鮮な衝撃を醸し出しているようです。
それでは、引き続き『月刊中国』を転載させていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2、「蒋介石の国民党が共産党員30万人を虐殺」

1990年に訪日した筆者・鳴霞の祖父は、半年ぐらい私の家で一緒に生活しました。
祖父は毛沢東時代の1950年初め、地主・資本家・国民党残党・特務・富農などを根絶する政策に遭遇している。

階級闘争の「三反五反」が行われ、蒋介石の国民党政権は「売国投降」した「堕落的大資本家の代表的人物」だと宣伝されていた。

また毛沢東は、「国民党が共産党員30万人を虐殺した」 とか「売国奴蒋介石は日本に抵抗できず投降した」などと教育宣伝していた。

祖父も私も、「蒋介石の国民党が共産党員30万人を虐殺した」と信じ込んでいました。

祖父は、ソ連と中共八路軍が満州にあった資産を略奪した為、所有していた鉄工所を手放して、南京や上海を往復して物資の売買をして生活を立てていた。この時代に各地に友人が多く出来たそうだが、祖父は一度も「南京大虐殺」の話は聞いたことが無かったそうだ。ただ当時、南京下関電気工場に労働者慰霊碑が建てられていたそうだ。

この慰霊碑は1947年に南京下関の電気工場で被災した労働者の記念碑だと言われている。1951年にこの記念碑は破壊され、再び建設された慰霊碑だ。

その碑文は大きく改竄され、1950年2月28日に国民党の戦闘機からの攻撃で死亡した2人も加えられることとなった。そして、中共軍が国民党軍と戦闘していたこの時期に、「蒋介石売国奴と日寇の迫害によって40人が遭難した」と書き換えられた。

抗日戦争初期に南京が陥落した時、「蒋介石匪賊幇や反動頭目は事前に四川省や香港に逃亡した」とも書き加えられた。そして「日寇へ投降する陰謀が進んでいた」とも書き加えられた。抗日戦争で死亡した労働者の慰霊碑を建てることは、欺瞞であり仁義にもとるものである。

祖父は、私が「南京大虐殺」のことを聞いたのに驚いて、「そんな話は聞いたことが無いが、お前はどこで聞いたのか?」と逆に聞かれた。
私が「日本に来てから聞いた」と答えると、祖父は「それは大嘘だ」と断言しました。

中国共産党はいつも、「国民党蒋介石は共産党員30万人を虐殺した」と言い続けていた。
祖父の話と、現在、中国の国内大手ネット「凱迪」「猫目」などが3月1日に報道した内容は同じだった。

そこには、〈中共は、1949年に南京雨花台に烈士陵園を建設し、そこに記念碑を建て、《 国民党政府は雨花台で30万人の烈士を虐殺した 》 と、碑文に刻まれていた。それに毛沢東は自分で、《 虐殺された烈士万歳 》と書き加えていた。〉

ネット上のこの重大な情報は、3月1日の時点では消されていないが、「毛沢東時代には、日本軍による南京大虐殺の記念碑は無かった」 という事実は重大なことだ。

さらに1958年版の中共の 「中学校歴史教師手帳」 の中に、「中外歴史大事年表」があるが、ここには「1937年に日本軍は上海を占領し、国民党は首都を重慶に移転し、南京の防衛に失敗した」 とだけ書かれている。

南京大虐殺という文字も解説も、どこにも無い。

毛沢東は「日本皇軍のお陰で、中華人民共和国が建設できた」 と公式に感謝を述べている。

※南京雨花台:Wikipedia

雨花台(うかだい)は中華人民共和国江蘇省南京市の中華門の南に位置している革命烈士の陵園。園内には革命烈士紀念館、烈士群彫、雨花台革命烈士紀念碑が設けられ、全国重点文物保護単位や全国青少年教育基地に指定され社会主義教育の重要施設に指定されている。

★『月刊中国』(毎月1日発行)発行人編集;鳴霞
発行住所;〒673-1334:兵庫県加東市東条町吉井493-1
FAX;0795-46-1880
購読料;年間5000円
郵便振替;00930-2-69515


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇転載終了

■中華系サイトでも「南京虐殺」を否定的に捉えている「猫目」や、親日サイト「熱血漢奸」など、中国の言論弾圧と戦っている勇敢な中国人がいるにも拘わらず、中国政府と歩調を合わせている日本人は、自発的に工作活動をしていることになります。情けないことです。

「寄贈する会」は、じわじわっと効力を発揮しつつあり、皆様方のご協力の如何によっては、「南京問題」が消滅する日も近いでしょう。



南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった

★『南京の実相』は日英文併記本です。「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」は、情報戦を戦う目的で御支援をお願いしておりますが、主に海外の影響力のある個人と組織体に寄贈することを理想としています。国内は政治家やメディアの報道部門へピンポイントで発送しております

また、皆様方の御協力で戦略が分担できるようになり、反日左翼の巣窟の「図書館」で闘うことより、街にでて、歯科医院、個人病院、美容室、理髪店などの待合室や、喫茶店、蕎麦屋、とんかつ屋さんなど、皆様方が懇意になさっていらっしゃるところに、直接、寄贈して戴けることになり、南京問題は数年内に消滅させることが可能になったと確信できるようになりました。『南京の実相』は全国の紀伊國屋書店にて注文・購入ができますので、宜しくお願い致します。

※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」代表 水間政憲;ネットだけ転載フリー
《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=591&cr=c9457bfa10513f899f0cb36c2f93e5e6》(条件:全文掲載)
)

□◆◇■□◆◇■

※河村市長へ激励のメッセージをお願い致します。これからの政治活動は、抗議一辺倒ではなく、政治家が決断しての国益発言には、感謝のFAXとメールを送信することが大事ですので、河村市長があっと驚くほどのメールとFAXが届くことを願っています。

★名古屋市意見募集URL shimin-no-koe@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

★「河村市長室 直通ファクス」052-972-4105 

◆◇

※『南京の実相』を100人~200人単位で直接個々人に海外へ発送できるまでには、まだまだ時間がかかりそうですので、中山成彬先生に招かれ宮崎未来塾に於いて「真の歴史を知れば未来が見えてくる」との、演題で行った同じような講演を行い、その浄財で早期に海外へ発送することも考えております。そこでご要望がありましたらお気軽nankinnojisso@excite.co.jp》まで、お声をかけて頂けましたら幸いです。

■国内外の公共施設の地球儀や地図帳が、「東海」とか「Sea Of Korea」に改竄されているのを発見しましたら、下記の情報のように、
①公共施設名
②住所
③電話番号&メールアドレスなどを明記して《nankinnojisso@excite.co.jp》まで送って頂ければ、「水間条項」本文で世界中の同志の方々に呼びかけますので、ドシドシ情報を提供してください。

◆「反日関係法案」(東海併記法案や慰安婦碑建立法案)などが、審議され始めている情報を察知された在米邦人の皆様にお願いがあります。それらの情報を察知されましたら、その法案に関係している個々の議員のメールアドレスを調べていただき、《nankinnojisso@excite.co.jp》までにお寄せくだされば、また、今回の「東海併記法案阻止行動」のときと同様に、国内外の愛国邦人の皆様が世界中でいっせいに行動してくださいますので、また阻止できると確信しております。それは、提供する情報に真実があると分かれば、韓国以外の国々の議員や関係者は公正に判断できるからです。

◆海外で我が国の名誉や国益を毀損するような動きが御座いましたら、「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」の「寄贈先情報提供アドレス」《nankinnojisso@excite.co.jp》まで、お気軽にお寄せください。その一部は皆様方に公開させて頂きますので、宜しくお願い致します。

◆いま日本では、連日、ヨーロッパの経済・金融危機に関心が高まっていますので、『寄贈する会』の寄贈先情報提供URLに、マスメディアで報道しきれない街の情景など、また海外で「南京問題」や「慰安婦問題」がどう見られているか教えて下さい。教えて戴ければ、拙ブログで紹介させていただきますので、是非、情報をお寄せください。《nankinnojisso@excite.co.jp》
(*アドレスはいずれも@は半角に替えてください。*Gmail以外のアドレスでお願いします。)

◆「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」の活動状況URL
《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=625&cr=5cf71bee0887dcc49832923a51cdc3d4》



超拡散Ⅲ《『月刊中国』一部転載・南京問題関連情報》 / 2012年04月05日
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-785.html
スポンサーサイト

theme : 気になる本・雑誌
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。