スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八木秀次氏の説く【2012年危機の正体】(後篇)

2012.05.06.15:25

サッチャーは首相当時、国家財政と国民労働を健全化させ、フォークランドを奪還し、EUへの加盟を拒否してイギリス国家の在り方を21世紀へ導いたと八木氏は解説しています。

さらに八木氏はサッチャー改革の柱の1つとして教育改革を上げています。
当時のイギリスの教育行政は地方分権に任され、国家主権のうえでの教育ではなかったのです。
教師の組合主導で教育が行われ、その結果、イギリスの植民地支配の歴史を延々と学ばされ、生徒は自信を失い、ひいては社会人としての自覚にまで影響を与えました。
サッチャーは1988年(昭和63)からの教育改革で教育の責任が国にあることを示し、歴史教育も先人たちの苦闘があって今日があるとする内容に改め、イギリス国民は次第に贖罪意識を脱し、自信を回復していったとのことです。

翻って我が国では・・ 

~~~~~
現在、名古屋市の河村たかし市長の発言で南京事件が、また韓国が繰り返し持ち出すことでいわゆる慰安婦問題が話題となっている。これらは日本人ののどに刺さったトゲのようなもので、贖罪意識を与えている。だが、南京事件の真偽、実態については学説上も諸説ある。日本政府も「被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数か認定することは困難」(外務省HP)という立場だ。発言した場面はともかく、河村氏は20万人虐殺説に疑問を提起し、議論を求めたのであり、問題視されるようなものではない。

従軍慰安婦強制連行は69年の韓国の小説「修羅道」で描かれた完全なるフィクションだったが、次第に韓国民に「事実」として広がっていった。日本政府は93年8月の河野官房長官談話で「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」としたが、日韓友好を保つための政治的妥協であったことは当時の関係者証言で明らかになっている。

2つのテーマはともに戦後に建国した中国と韓国の存在理由に関っている。中国共産党の統治の正統性は中国大陸から日本軍を追い出したことにある。韓国の正統史観は日本との独立戦争を戦って勝ち、独立したというもの。両国にとって日本軍や日本統治は残虐で過酷なものでなければならず、そのシンボルが南京大虐殺であり、従軍慰安婦強制連行説である。

いずれも両国の事情が背景にあるのだが、日本人は真に受け、贖罪意識をもってへりくだる。相手に道徳的に優位に立たれ、結果、外交やビジネスの場面で強い主張ができないでいる。戦わずして負けているのだ。

~~~~~

【2012年危機の正体】日本が“中韓”に戦わずして負ける理由★(3)(2012.03.29)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120329/frn1203290722000-n1.htm

日本は歴史に培われた国です。しかし、シナや韓国は歴史を踏みにじった国です。
この違いが大きく、そして大切なことなのです。
日本人はまず歴史を学び、嫌なことにも蓋をせず見据えていけば、必ず真実が見えてきます。
それはイギリス同様、歴史に培われた自信に繋がる財産です。
考えてもみてください、下手すれば100年経っても贖罪を負わされる国に綿々と繋がる歴史があるわけがありません。
そんな贖罪国家は早くに滅んでいます。
日本の歴史を侮ってはいけません、そこは心優しき民族の栄華が詰まった宝箱です。
シナや韓国では逆立ちしても手に入らない、日本国民の財産です。

スポンサーサイト

theme : 歴史大好き!
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。