抜粋〈「南京大虐殺」という大虚構・わが畏友、河村たかし市長に続け〉中

2012.05.20.12:36



まず言っておきたい、河村市長、よく言った、と。市長たる者が、当たり前のことを言ったことを誉めるのは不自然だが、これが、われわれの世代が、率先して克服すべき戦後と言う時代なのだ。つまり、公人が大東亜戦争の歴史の真実に触れることを禁じると言う、言論における検閲官なき検閲が続いているのが戦後だ。

そして、この戦後克服の契機を与えてくれたのは、うそを定着させ日本人を洗脳しようとしている中国共産党の大騒ぎであるのだから、喜んで、この大騒ぎを受けて立とうではないか。そこで、この度明らかになった二方面の戦線について確認しておく。まず、中共の「日本軍による南京大虐殺キャンペーン」を粉砕するのが第一の主要な戦線であるが、国内にはもう一つの戦線がある。それは戦後の自虐史観の惰性の中に安住し、中共の支援のもとに、中共の観点から河村市長を非難、批判するわが国内の親中共勢力や風潮との戦いである。この第二戦線は、国内の戦線であるから煩わしいが所詮中共への迎合であるから第一戦線での戦いが進行すれば消滅する。従って、この国内の非難に関しては、中共の工作がどれほど進んでいるか、中共の走狗が国内の何処にいるかを示す、まことに便利なリトマス試験紙だとみなしてすましておくべきものである。

主戦場はあくまで、中国共産党の嘘を粉砕することである。そしてそれは、正々堂々と成せることなのだ。彼の嘘を粉砕した直近の例をあげる。冒頭でも触れた、尖閣諸島周辺海域における中国漁船のわが海上保安庁巡視船に対する突入映像を一色正春氏が世界に公開したことである。この映像公開前、中共は、世界とりわけアメリカにおいて、如何なるプロパガンダを展開し始めていたのか、ニューヨーク在住の友人を通して知ったが、アメリカのマスコミに現れたそれは、尖閣周辺の漁場でしか生活できない零細な無力で貧しく哀れな中国漁民を、日本が武装した船で蹴散らし虐めているという中共特有のキャンペーンであった。しかし、一色氏の映像公開によって、この中共の嘘は一挙にばれてキャンペーンはピタリと止んだ。仮にこの映像公開がなければ、アメリカ世論は中共の狙い通りに、横暴なる日本を憎み、哀れな貧しい中国漁民に同情する方向に流れたであろう。そして、このアメリカ世論の流れは、日米同盟関係の見直しへ進みかねないものとなり得たのだ。このプロパガンダの手法・・・歴史を知るものにはすぐ分かるはずだ。これが、かってわが国を国際的に孤立させた謀略的手法だと。中共は、昭和12年7月7日の日華事変以来アメリカの世論を反日に持っていったプロパガンダと全く同一の画策を、この度もアメリカで始めていた。しかしその嘘を、一挙に暴いたのが一色氏の映像公開だった。しかるにこの映像公開の歴史的意義をわがマスコミは指摘できなかった。

戦後と言う時代の中のマスコミは、歴史を奪われているからである。一方、この映像を秘匿したまま、世界と国民に公開しなかった民主党、菅内閣は、中共の反日謀略に加担していたと断言できる。あろう事か彼らは、検察を使って、映像を公開してわが国を救った一色氏を罪人扱いした。
 
「南京事件」に関して、一色氏の公開した映像に匹敵するものは無い。当たり前だ。南京事件は「なかった」のだから、「ない」ものの映像は「ない」のである。では、中共側は、「南京事件」が「ある」という映像は「ある」だろう。しかし、その「ある」映像が「ない」のである。従って「南京事件」は「ない」。この単純明快な地点を一歩も譲ってはならない。しかも「ない」ものを「ない」と立証することの困難を克服して、多くの研究者の真摯な研究結果が等しく示す結論は、「南京事件はない」である。本誌にも掲載されているその「南京事件はない」という貴重な検証結果こそ、わが国政府によって広く各国語に翻訳され世界に頒布されるべきである。

この度の中共の大騒ぎに対して、野田内閣がこの処置を執らないならば、尖閣における真実の映像を秘匿した菅内閣と同じく、野田内閣も中共の反日謀略に加担した反日内閣となるだろう。 中国人船長逮捕に関する中共の嘘は、映像公開で嘘だと落着したが、「南京事件」に関しては、成り行きに任せてはいけない。積極的攻勢に打って出るべきである。何故なら、わが国家の存立に関わっているからである。

中共は二十世紀におけるわが国の支那に対する全面的な悪行の中の一例に「南京事件」を位置づけ、侵略者である日本軍国主義のあらゆる暴虐から支那人民を救出したものこそ中国共産党だとしている。つまり中国共産党の権力の正当性は、日本軍国主義の全面的侵略から支那人民を救出したことにある。

スポンサーサイト

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR