スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜粋〈「南京大虐殺」という大虚構・わが畏友、河村たかし市長に続け〉下

2012.05.20.13:01

この暴政に対する人民の記憶が、やはり多くの自国民を人民解放軍が殺戮した天安門事件(1989年)をキッカケに甦り、人民の恨みが中国共産党に向かうことを避けるために、中共は、こともあろうにわが国を、人民の蒙った二十世紀の惨害の加害者に仕立てて、恨みの対象にする壮大な虚構(嘘)を、躍起になって構築し続けてきた。

その結果、今や、支那のネットの世界では、わが国と日本人の抹殺を願う人民の怨嗟が渦巻いている。しかも、中共は、この日本を悪とするプロパガンダを、世界に発信し続けている。中でもわが国の無辜の民を原子爆弾で殺戮したアメリカを、そのプロパガンダの主要なターゲットとしている。アメリカ人としては、日本が悪いと思い込めば思い込むほど、日本に原爆を落としたことは正当だと思い込めるからである。即ち、中共のプロパガンダは、日米分断を狙っているのである。

従って、わが国家の存立という観点から見れば、中共とわが国は、「共に天を戴くこと」は出来ない。つまり不倶戴天の敵である。そして、戦後の克服とは、この中共のプロパガンダ即ち「嘘」を一掃することによってはじめて可能となる国家の再興そのものである。そのために何が必要か。それは「わが文明の自覚」即ちアイデンティティーの確立と「武力」である。「国家の存立」に関わると言ったのは、まさにこの事である。

わが国と支那との交流の歴史を概観すると、わが国は、「日出国」の自覚を国書で鮮明にした聖徳太子の昔から、支那を知れば知るほど自らのアイデンティティーを自覚してきた。例えば、江戸初期の山鹿素行は儒者であったが、孔子の教えが現実化しているのは、易姓革命の支那ではなく、万世一系の天皇を戴く日本であると得心し、「五十年の夢、一挙に覚め申し候」と書いた。

そして今も、同じことを深く確認しなければならない。既に書いたが、支那は嘘をつく方より騙されるほうが悪いという文明で、わが国は嘘をつくのは悪いという文明だ。その上で問う。歴史とは何か。


わが国では歴史はヒストリーである。しかし、支那では、歴史はプロパガンダだ。また、朝鮮では、歴史はファンタジーなのだ。我々は、この文明の違いを堅持して、「南京事件はない」というヒストリーを守り微動だにしてはならない。この一点を突破することが、中共対策に限らず、朝鮮の「従軍慰安婦問題」に象徴される、反日歴史捏造というか被害妄想(ファンタジー)を止め、ひいては東アジアの歴史(ヒストリー)回復に繋がってゆく。

さて、支那は「嘘」を真実にするために力を行使する「力の信奉者」だと書いた。しかも、彼らの「嘘」には共産党の正当性がかかっているだけでなく、彼らと一族が自国民から殺されないという身の安全がかかっている。従って、中共は思想、宣伝、経済的利害、そして武力のあらゆる影響力を動員して「南京大虐殺の嘘」を通そうとしてくる。そのうち、経済的利害として支那人の日本観光禁止と日本滞在禁止は、大歓迎である。また、わが国経済は中共がなくとも大丈夫だ。ポイントは、最後の一点、つまり武力だ。中共は、わが国に「南京大虐殺」をみとめさせる為、東シナ海の海と空で、わが国の船舶を拿捕し、戦闘機を飛ばして領空侵犯を繰り返すこともありうる。わが国はこれを受けて立って断じて引いてはならない。民主党の菅内閣が中国人船長を釈放して国民に屈辱を与えたことを、断じて繰り返してはならない。その為の、救国内閣を造る覚悟を固める時だ。

まさに、「南京大虐殺はなかった」を確定する為には、「力の信奉者」である中共の持つ武力をわが方も保有することが必要なのだ。中共が「嘘」を武力で押し通すことを出来なくすることこそ、わが国の名誉と領土と国民を守ることにつながる。これが即ち、わが国家の存続を確保する道だ。この度の、河村市長の発言と中共の反発は、わが国家の存続のための変革即ち戦後体制からの脱却を強く即している。河村市長、南京事件はないと、よくぞ言った。これを切っ掛けに、わが国を国家の再興そして存続への路線に乗せよう。

お互いに縁のある春日一幸は、「君と僕とは、信長、秀吉、家康が生まれた、尾張三河の仲間ぞ」とよく色紙に書いていた。君はまさに尾張の仲間ではないか。その尾張の秀吉は、支那の明の国使が「汝を日本王とす」と書かれた国書を面前で読んだとき、憤然と立ってその国書を使者から奪い取り引き裂いた。即ち「怒烈明冊書」(怒りて明の冊書を裂く、頼山陽著『日本楽府』)。われらの世代こそ、改めて信長、秀吉の気概を取り戻し、断じて、我らの父祖の歴史の真実、ヒストリーを貫き、支那のプロパガンダに負けてはならない。


抜粋の予定でしたが、西村節に惹かれて、ほとんど全文を載せることとなりました。

正論特集「「南京大虐殺」という大虚構」のもう一遍は、南京事件研究家・松村俊夫氏の「終戦時、南京市民は日本軍に同情的だった」です。
機会があれば、共に是非ご一読ください。
スポンサーサイト

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

comment

Secret

No title

2012.06.03.17:40

ダボさん、コメント有り難うございます。
とても励みになります。
ほとんど張り付けで対応しているブログですが、南京の真実をネットをご覧の皆様方に少しでも周知できるよう、これからも努めていきます。
是非、これからもご訪問、そして応援よろしくお願いいたします。

No title

2012.05.26.22:15

本当に勉強になります。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。