スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋の第3師団

2012.08.22.18:02

松井大将と第三師団の汚名をそそげ!(阿羅健一)(2012年04月10日)

 南京事件の責任を負わされ絞首刑となった松井石根大将は名古屋に生まれている。武士の家柄で、陸軍大学校を一番で卒業、大将まで累進した。孫文の大アジア主義に共鳴し、進んで中国関係の部署に勤務、中国人の友達知人も多かった。南京攻略が終わって、翌年二月、凱旋帰国すると、上海でたおれた日中双方の将兵を思い、観音像を建立して弔おうと考えた。東亜同文書院を卒業した岡田尚に命じて激戦のあった上海の土を送らせ、名工に観音像を建立させ、興亜観音と名づけた。予備役に戻っていた松井大将は、熱海の伊豆山に堂を作り、興亜観音像をおさめると。そのふもとに越し、お参りすることを日課とした。

 名古屋に師団司令部を置いていた第三師団は上海の戦いで兵隊がすっかり代わるほど苦戦を強いられた。上海占領、南京陥落、という華々しい声に消されてその苦戦が語られることは少ないが、日露戦争の旅順攻略に勝るとも劣らない犠牲を払った。

 南京を攻略することになったとき、上海派遣軍では苦戦した第三師団にも花を持たせようと、十二月十日、急遽、歩兵第六十八連隊と砲兵隊に参戦を命じた。歩兵第六十八連隊は第三師団を代表して南京に急行、十二月十三日、武定門から入り、一帯と通済門を掃蕩した。第三師団は南京攻略の栄をにない、警備のため十日近く南京にとどまった。

 このように名古屋は南京事件と無縁ではない。

河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動
http://ameblo.jp/nankinkokumin/entry-11219151740.html


第3師団は、大日本帝国陸軍の師団の一つであり、名古屋方面出身者から構成される陸軍師団です。



その前身は明治6年(1873)に名古屋城内に設置された名古屋鎮台です。
明治21年(1888)全国に6つあった鎮台が師団へ改編される中、第3師団と名前を変えました。
200個を数える陸軍師団でも最も古い師団の一つです。
日清戦争、日露戦争、そして支那事変、大東亜戦争に参戦します。

師団は6千人から2万人程度の兵員を持ち、師管内にある軍隊を統率し、徴兵、治安出動、軍法会議など軍事に係る事案を所轄しました。
師団長には中将があてられ、近衛師団、戦車師団、高射師団、飛行師団など1~6の師団が置かれました。

昭和12年の部隊は、師団司令部、歩兵第5旅団歩兵6連隊(昭和16年以降中部2連隊)、騎兵隊4旅団騎兵第3連隊、野砲兵第3連隊(昭和16年以降中部8連隊)、輜重第3連隊(昭和16年以降中部13連隊)にて構成されていました。

昭和12年(1937)7月日中戦争勃発。
第3師団は第11師団とともに上海の在留邦人救援という名目で編成された上海派遣軍の指揮下に入ります。
第二次上海事変での中国軍との交戦では、第9師団・第13師団・第101師団・重藤支隊の増派と、更には第10軍の増援を仰ぎ、中国軍を撃破。

そして、南京攻略線に参加するのです。

Wiki. 参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/第3師団_(日本軍)

昭和初期の名古屋「第三師団司令部」/Network2010
http://network2010.org/article/122
スポンサーサイト

theme : 地域情報
genre : 地域情報

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。