南京大虐殺記念館式典暴行事件

2012.12.16.18:50

南京大虐殺記念館と追悼式典、国家レベルに格上げか 尖閣国有化に対抗?(2012.12.13)【南京=河崎真澄】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121213/chn12121311580000-n1.htm。

日中戦争で旧日本軍による南京占領で起きたとされる「南京事件」から75年となった13日、江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」で防空警報が鳴る中、事件当時の住民や家族、地元小学生ら合わせて約9000人が集められて追悼式典が行われた

同館の朱成山館長は同日の記者会見で、今回まで江蘇省当局など地方レベルで管理、主催している同館の位置づけと式典を、「今後はいずれも国家レベルに格上げするよう共産党中央と調整中」と述べた。-国家レベルへの格上げ理由について朱館長は、「国際的な慣例に従うべきだ」とだけ答えた。党中央が要請を認めれば同館は国立記念館などに昇格、追悼式典は国家的な祭事となる可能性がある。

一方、200人弱という事件の生存者を名乗る高齢者が最近、家族を通じて中国版ツイッター「微博」で相次ぎ発言しており、程福保氏(79)は、「日本は公然と釣魚島(尖閣諸島)を奪い取り軍拡を続けている。われわれは最後まで徹底的に日本と戦う」などと、激しい口調で投稿している。


「おまえは日本人か」 中国人が共同通信記者に暴行 南京大虐殺式典取材中に(2012.12.13)(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121213/chn12121313280001-n1.htm

中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」で13日、虐殺から75年の追悼式典を取材していた共同通信記者が、式典に参加していた中国人に蹴られるなどの暴行を受けた。痛みがあるが、外傷はない。

記者が携行していたパソコンで記事を執筆していた際、突然、背後から20代とみられる男に腰を蹴られた。さらに、そばにいた中年の男が「おまえは日本人か」と叫び、記者が身に着けていたマフラーを引っ張り、一時、首を圧迫した。周辺にいた私服警官が男らを取り押さえたが、連行はしなかったとみられる。


当時、式典の正式行事は終わり、敷地内で参加者が「平和の鐘」をつくなどしていた。

真実を知ってよかった~
真実には 希望の未来がある~
腰を蹴って 首を絞めて 怒り叫んでも~
いつの日か 希望の未来がある~
南京は今 眠りの中~
平和の鐘を 鳴らすのは 誰~
党員はみな 悩みの中~
平和の鐘を 鳴らすのは 誰~
スポンサーサイト

theme : 最近のニュース
genre : ニュース

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR