スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈中国が血相を変えて言論弾圧をしかけてくる理由は〉

2013.07.24.23:57

産経新聞朝刊(平成12年1月30日付)によると、『大阪国際平和センターで市民団体が二十三日に開いた「二十世紀最大の嘘『南京虐殺』の徹底検証」と題する集会と、日本の最高裁が名誉毀損裁判で、被告の東史郎氏が自著の『わが南京プラトーン』で記した上官の残虐行為には根拠がないとする二十一日に下した判決」に対して、『自国の主張(注:中国側)への疑問提起は日本政府が「言論の自由」「集会の自由」「司法の独立」をも無視して全面的に抑えることを求めている』と報じた。同新聞はこれほどの大規模な攻撃の背景を、「日本はいくらたたいても、たたきすぎるという非難はどこからも出ない悪役的対象のため、汚職、失業などの他の諸問題から一般の関心をそらすには日本攻撃は便利と見られる」と、対内的な目的にも使われていると分析している。

中国が血相を変えて言論弾圧をしかけてくる理由は/我が子に伝える誇りある近代史
http://wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/kindaishi.htm#3_3
スポンサーサイト

theme : 歴史
genre : ニュース

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。