GHQ焚書図書開封(1)[単行本]GHQ焚書図書開封 米占領軍に消された戦前の日本 西尾幹二(著)

2013.08.05.18:46

(カバー)より
戦前の日本を取り戻す事無しに日本の未来はない

(帯)より
アメリカが仕掛けた「焚書=歴史書の没収」は日本消滅の時限爆弾だった。
この事実を見据え、アメリカに簒奪された私達の歴史を今こそ取り戻せ!
7000冊以上の焚書によって生じた日本現代史の巨大な空白をどう埋めるのか



1.「GHQ焚書図書」とは何か

(45ページ)より

 「焚書」はすべてミステリーゾーンにあります。小さな事実をつないで、推理を組み立てなければならないことは前にも申しました。協力させた加害者も協力した被害者も恥ずべきことをしているのだと承知していて、素知らぬ顔をして、犯行を続けたからです。
 「焚書」は魂を売る行為だからです。
 日本は戦争に敗れましたが、「焚書」される理由はまったくありません。一国の政治的・思想的・歴史的・文明的・道徳的・軍事的・外向的、そして最後に宗教的に生きる根拠を、他民族から裁かれる理由はないのです。
 日本が戦前・戦中の自分の主張的立場を他人に言われて否定したのは間違いでした。失敗です。
「焚書」されて本がなくなってしまったために、戦後を自分でなくていきている事実にすら気がつかなくなってしまったのです。
 最近の日本及び日本人の情けない姿はみなここに原因があります。
 自分を取り戻すために、目の前から消されてしまった本を取り戻すことから始めなくてはならないのだと私は考えて、この仕事に立ち上がりました。



2.占領直後の日本人の平静さの底にあった不服従
3.一兵士の体験した南京陥落
4.太平洋大海戦は当時としては無謀ではなかった
5.正面の敵はじつはイギリスだった
6.アジアの南半球に見る人種戦争の原型
7.オーストラリアのホロコースト
8.南太平洋の陣取り合戦
9.シンガポール陥落までの戦場風景
10.アメリカ人が語った真珠湾空襲の朝
スポンサーサイト

theme : 読書
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR