スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「龍」を気取る中国「虎」の威を借る韓国』黄文雄

2013.08.16.17:28

「龍」を気取る中国 「虎」の威を借る韓国 (徳間文庫) 黄 文雄 (著)

内容紹介
大中華・小中華をつけあがらせるな! 
中国市場が魅力視され、「韓流」に沸く日本。だが、両国の反日侮日は終わるどころか、ますます激化している!「傲慢な隣人たち」の卑劣な恫喝の実態を暴くと同時に、中・韓に屈してきた日本の罪を糾す。


次はブックレビューより内容を紹介させていただきます。

滑稽な中国と韓国の真相, 2005/6/13 By Secondopinion
ご存じ黄氏の中国・韓国批判本です。著者は、「反日」で民族的劣等感を癒しているだけの中国と韓国の矛盾を、実例を挙げながら説明しています。アメリカが中国の知的所有権違反を避難すると、中国の三大発明と自称している羅針盤、火薬、印刷術を持ち出しアメリカにこれらの特許を請求した事があるかと逆襲する事や、中国人の持っている大学卒業証書のほとんどが偽物である事など、滑稽な事も紹介されています。本書は非常によくまとまっていて、日本人以外の著者という点でも金文学著の「反日に狂う中国 友好とおもねる日本」とともにお勧めです。


南京事件などは中国の景侯などが起こした南京大虐殺をそのままコピーしたものにすぎない事は最近の研究で明らかです。しかし、こうした裏に中国・韓国の反日を煽る「反日的な日本人」の存在も的確に指摘されています。こうした日本の態度が中国と韓国の独善を生み、他のアジアの国々にも悪影響を及ぼす結果となっている事を日本人は知るべきです。

本書は1999年に出版されたものが文庫化されたものです。日本が中国と韓国のゆすりたかりに屈し、間違った反省をし続けていたためにつけこまれ世界の笑い者になってしまっていた頃のものですが、今でも本書の論調が新鮮に感じるのは状況が変わっていないからでしょうか。それでも最近、中国や韓国の矛盾だらけの言動に多くの日本人は呆気にとられ、欧米人も中韓に嫌悪感を抱き始めている今、状況は改善されていると信じたいものです。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/419892239X/ref=cm_cr_dp_see_all_btm?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending


そして、著者の一節より

いまもって、事の真偽を確証できない。にもかかわらず、中では荒唐無稽な虚言が続いている。・・・海外に住む反日中国人、とくにその大本営である在米反日中国人の各団体は、裏で中国政府関係者をはじめとする各方面からの巨額の運動資金を動かして、しきりに米有力紙に反日全面広告を出し、反日キャンペーンを張った。

しかし、南京大虐殺について偽造や偽証があまりにも多すぎるため、中国人の間でもその真偽を疑う人は多い。・・・私はかつて、南京のある大学教授に・・どう思うかと聞いたことがある。氏はすぐに、(こけおどしだよ)と即答した。これまで、多くの証言や南京大虐殺の映画などが世間に発表されたが、東中野修道教授と鈴木明氏の二人の著作に勝るものはない。
スポンサーサイト

theme : レア本
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。