「嘘だらけの日中近現代史」(1)書籍紹介

2013.09.03.20:25

「嘘だらけの日中近現代史」(扶桑社新書)By 倉山 満

発売日: 2013-06-01
版型: 新書
267 ページ

内容紹介
■気鋭の憲政史研究者が日本の中国研究者には書けないタブーを書く!
■嘘つきチャイニーズによるプロパガンダの手口をバラす!

■本書より
そもそも中国は近代国家ではありません。
近代国家の尺度で中国を判断するから見誤るのです。
「裏切り男」孫文のインチキ革命や、「マフィア兼盗賊」が出自の中国共産党など、
嘘にまみれた中国の正体を明かしましょう。

独裁の古代と殺戮の中世を今なお繰り返し、いまだ近代国家ではない「厄介な国=中国」。尖閣諸島に艦船を派遣して挑発したり、
中国国内で働いているだけの日本人をいきなり拘束したり、暴動によって資産を破壊したり……こんな無法が国際法上許されるわけがない、と指摘します。
とはいえ、いくら厄介であろうとも、付き合わざるを得ない。そこで、大正時代の外交官・石井菊次郎の「ノータッチというタッチ」という例を挙げ、
本書によって「腐れ縁の悪女から抜け出しましょう」と主張します。そのためには、まず日中の歴史を知ること。中国にとって不都合な「真実」を詳らかにし、
本書が「歴史療法」となるよう提案します。

■本書の内容
第一章 嘘だらけの古代「中国」史
第二章 欧州に翻弄された「清」と抗った「日本」
第三章 動乱大陸「中華民国」
第四章 満洲事変で騙される日本
第五章 お人よしすぎる日本人
第六章 究極の中華皇帝! 毛沢東の野望
第七章 中国の悪あがき
終章 アベノミクスと中国崩壊の予兆


■レビュー
狡猾な中国人とお人好しすぎる日本人 By waka
この著者の書を読むのは初めてだが、非常に博識でありながら、ユーモアがあって皮肉も効いていて、大変読ませる内容である。

まず日本人が知っている「通説」を紹介し、その間違いやプロバガンダを抉り出して行く。「中国」「侵略」「侵攻」「満洲(満州ではない)」「軍国主義」「ファシズム」「大虐殺」といった言葉の定義についても詳しく解説している。
まず著者は、中国に「近代」などなく、あるのは独裁の古代と殺戮の中世だけだと述べ、中国は「近代」国家ではないと断言する。中国はユーラシア大陸で最も生存競争が激しいので、人を騙すのは普通のこと。「生き残るためには平気で嘘をつく、真実・正義・良心の呵責などという何の役にも立たない世迷言は捨ててしまう。このリアリズムこそが中国人の真骨頂です」。
中国の歴史はかなり簡単にパターン化できるという。
1.新王朝、成立 → 2.功臣の粛清 → 3.対外侵略戦争 → 4.漢字の一斉改変と改竄歴史書の作成 → 5.閨閥、宦官、官僚など皇帝側近の跳梁 → 6.秘密結社の乱立と農民反乱の全国化 → 7.地方軍閥の中央侵入 →8.1へ戻る
時々、逆行したり順番を飛ばしたりするが、基本的にこのパターンを数千年間繰り返して今に至っているという。秦の始皇帝も毛沢東も同じである。
また中国では、いついかなるときでも、外敵より内部の権力闘争に勝つことが大事だという。

満洲事変は日本の一方的な侵略だとの固定観念があるが、当時の国際法では全くの合法であった。中国は国際社会に日本の非道を徹底的に訴え、日本を悪魔化させ、国際世論を味方にする。日本はいつも宣伝で負けてしまう。満洲事変が起きる前、日本は一方的な被害者だったのに、加害者として糾弾される立場になってしまった。「南京大虐殺」も中国の宣伝戦の賜物である。情報リテラシーが低すぎる外務省にも問題があると著者は述べている。国際連盟を脱退することになったのも、政治と外交において稚拙だったせいである。

また著者は、1972年(昭和47年)の田中角栄首相の「日中国交回復」を批判する。「日本は過去の自国の外交行動を全否定し、毛沢東の主張を全面的に受容しました。アメリカが、中国との正式な国交樹立には、なお数年をかける慎重姿勢だったというのに、田中首相と大平外相は何を急いだのでしょうか」。その後、30年近く親中派の権力が続き、小泉政権でようやく、親米派政権となる。
昨年12月、安倍政権となり、日銀が金融緩和をしてお札を刷ろうとするたびに中国人民銀行は強い非難声明を発した。安倍首相が白川総裁に圧力をかけるたびに、尖閣諸島に中国の軍艦や戦闘機が押し寄せてきた。日銀こそが中国の資金源だと自白したようなものだと著者はいう。
スポンサーサイト

theme : 新書・文庫レビュー
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR