スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島海域中国漁船激突事件(後編)

2010.09.09.19:39

中国漁船の衝突事件、北京と香港でデモ活動「中国漁船に弁償すべき」(2010/09/09)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0909&f=national_0909_055.shtml

尖閣諸島の海域で7日午前10時15分ごろ、海上保安庁の巡視船「よなくに」が操業中の中国のトロール船を発見、退去命令を発したところ、同漁船が「よなくに」に接触、巡視船「みずき」にも接触、公務執行妨害で漁船の船長を逮捕した事件で、中国は民間ともに激しく反発している。


なんで?

北京では「中国民間保釣連合会」に所属する30数名が日本大使館前で抗議活動を行った。団体員立ちは国旗を手に、横断幕を掲げてデモ行進を行った。中国メディアの報道によれば、「デモ行進は30分ほど行われ、大使館外に設置された郵便受けに抗議文を投函し、平和的に解散した」という。また、香港でも「中国民間保釣連合会」の10名ほどが日本領事館に抗議文書を提出。海上保安庁が尖閣諸島海域で中国漁船の船長を逮捕したことに不満を示したほか、日本は中国漁船に弁償すべきであると主張した。

尖閣:「人と船を即時返せ。事態エスカレートするぞ」=中国政府(2010/09/08)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0908&f=politics_0908_011.shtml

中国外交部は8日、公式サイトに日本の措置を強く非難する文章を掲載した。文章は、程永華駐日本大使が7日の夜、日本の外務省責任者に対して厳正な態度で折衝したと紹介。「釣魚島と周辺の島は古くからの中国固有の領土と“指摘”」、「中国側は日本の巡視船が中国の漁民と漁船を抑留したことに強烈に抗議」、「日本側に、人と船を即時、解放せよ。事態がさらにエスカレートすることを避けるためだ」など、程大使が強い姿勢で対処したと強調した。文章は、大使館が8月朝にも、日本側に対して、船長に対しする日本が法的措置を厳しく抗議したと紹介した。


やましいがために逃走し、挙げ句ぶつかった船の弁償、そして中国政府は船長の保釈を要求しています。

このような過激な抗議の裏には中国メディアの情報操作があったのです。

船長逮捕、中国各紙1面で報道「非常に危険」(2010年9月8日読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100908-OYT1T00447.htm?from=nwla

【北京=佐伯聡士】8日付の中国各紙は1面で大きく伝えている。「新京報」は1面で、「日本の巡視船が釣魚島で我が国の漁船に衝突」との見出しを掲げて、接触の経緯などを図入りで報じた。国際問題専門紙「環球時報」も、「衝突は日本当局による非常に危険な行動」とする社説を掲載。日本側に、調査結果を迅速に中国側に通告するよう求めた。

双方に慎重な対応訴え=漁船衝突で中国紙(2010/09/08)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010090800435

【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は8日、東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件を1面トップで報じた。「『衝突』は日本当局の危険性の高い動き」と題する社説も載せ、「主権の争いのある地域では、中日双方がともに慎重であるべきだ」と呼び掛けた。社説は「『衝突』は日本の策略の一つで、中国漁船が釣魚島海域に入るリスクとコストを大きくするのが目的だ」とする分析を紹介。中国人船長を逮捕した日本側の措置について「極めて横暴な態度だ」と批判した。その上で「中国政府は民間船舶に釣魚島海域での活動を奨励、挑発するようなことはしていない。日本側はたまたまこの海域に入った大陸や香港、台湾の船舶に対して、十分に抑制的な態度で臨むべきだ」と主張した。
 

同紙は、2008年に同じ海域で巡視船と台湾の遊漁船が衝突し台湾船が沈没した事故で、日本側が謝罪し賠償したことも伝えた。

中国メディアは過去の事故の謝罪と賠償の経緯まで載せています。
たった一艘の漁船から・・漁夫の利という中国らしい考え方です。

中国は今、土地バブルです。
中国の国民は資本政策により一生懸命働き、生活を築き上げました。
しかし共産圏の定めもあり、出世街道を進み続けることで生活を潤わすことが困難です。
そこで土地投資に走り、マンションを買い占めています。
誰も住むことがないかもしれないマンションを。
・・漁夫の利です。

話は横道に逸れましたが・・
中国という国は、反日教育でも知られるように、国際視野の情報を国民が得ることが出来ません。
中国の若者が海外留学などで自国の事実を知ることなど、ままあることです。
もちろん中国共産党は、そうならないように、しっかりと教育を通じて共産主義の洗脳をするわけですが。
情報操作の恐ろしさがここにあります。

事実に照らし合わせ、戦後日本の洗脳を解いていくのが、南知隊の勤めです。
尖閣諸島海域中国漁船激突事件の情報操作を見ても、大屠殺記念館をはじめ南京事件然りというお話でした。
スポンサーサイト

theme : 中国問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

No title

2010.09.14.18:51

木守り柿さん、コメントありがとうございます。
この度は、今も変わらない中共の謀略となる情報操作を紹介させていただきました。情報操作だけでなく、中共の謀略と戦略は今も続いています。

「中国監視船派遣」日本の排他的経済水域(EEZ)にて、海上保安庁測量船に中国の海洋調査船が接近し、作業中止の警告をしました。この海洋調査船は中国海軍と繋がり、さらに2008年12月には、尖閣諸島周辺の日本領海を不法侵入しています。
「東シナ海ガス田交渉中止」この度の事件と首脳間交渉によるガス田開発は全く別物です。別件であろうと、中共は交渉を決裂させます。
「中国最大ハッカー組織「中国紅客連盟」日本政府機関サイト攻撃予告」満州事変79周年に当たる9月18日に最大規模の攻撃を仕掛けるそうです。わけが分かりません。
「天津日本人学校パチンコ玉打ち込み事件」中国在住の方々にも危険が及んでいます。

南シナ海を荒らし回っている中国のパターンがあります。1992年の領海法で勝手に線を引くと、まず海洋調査を開始し、次に漁船を装った海上民兵、その後に控えているのが国家海洋局の武装艦船であり、やがて海軍の艦船が登場するというのです。危険を背にして尖閣諸島を守るのは自衛隊、海保の隊員の方々です。

私たちは、今も変わらぬ、中共の危険な制覇意識を国民の皆様方に知っていただくことが大切と考えています。
自衛隊、海保の隊員の方々をはじめ、中国在住の日本人の方々、そして尖閣諸島周辺の地域在住の方々がその危機に直面しているのです。
私たちは、同じ日本人として、その危機に強い憤りを感じています。

No title

2010.09.14.02:13

海保が命がけで逮捕してくれたシナ人を、政府は船もろとも帰国させてしまいました。
大変残念です。

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100913/plc1009132358011-n2.htm
中国側の軟化期待し船員帰国さす…「違った状況」
2010.9.13 23:57


今回のような暴挙には、頑として抗議の声をあげ続け、検挙は当然、船の調査、逮捕者の取り調べも徹底的にするべきと思います。

このような甘い対応では、シナ人達が、より我が物顔にやりたい放題しだすと思います。

今日も、自衛隊、海保の皆さんがこの国を守ってくれています。
感謝します。
プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。