歴史事実普及委員会の活動

2014.08.03.18:31

歴史事実委員会、後の歴史普及委員会は作曲家・すぎやまこういち氏をはじめとする保守メンバーから成り、日本の歴史の真実を海外に発信する会であり、以下のメッセージを国内でも発信しています。

~~~~~
中国や韓国をはじめとする特定アジアの国の反日プロパガンダと、国内の自虐史観のサヨク勢力は、根拠のない虚構をもとに日本を貶め、弱体化しようとしています。
歴史認識などをふくめ、事実をもとに政府や大新聞が反論すべきところです。
ところが、国の代表たる国会議員や官僚の勉強不足、または外国勢力からのハニートラップ、マネートラップなどなんらかの優待?を受けたが故か、日本の国益を守るどころか、逆に国益を損なう行為に至っています。
子々孫々にいたるまでの日本人を貶める発言をこれ以上許していいものでしょうか?
罵詈雑言を浴びせる気はありません。まず、歴史の事実を確認するとこからはじめたい。

我々「歴史の真実の会」では、このサイトを通してFACTS(真実)を公開することによって反論していきます。

歴史事実委員会

いわゆる従軍慰安婦について歴史の真実から再考するサイト
http://www.ianfu.net/

~~~~~

至極もっともなメッセージです。
この会の活動の発端は、従軍慰安婦問題ではなく、実は南京事件だったのです。

~~~~~
すぎやまこういち

南京大虐殺広告の経緯
まず、今年の四月ごろにニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストへ「南京大虐殺はなかったという証拠」を提示した全面広告を出そうと動き始めました。「 It's the Fact」キャンペーンとして、日本が持っている最大の武器である『事実』を知ってもらおうという趣旨です。産経メディアサービスを通じて、両紙に意見広告の掲載を申し込みました。


「南京大虐殺」の証拠とされている写真の全ては改ざん、捏造されたものであるという東中野修道先生の研究成果や、世界に「南京大虐殺報道」をしたティンパーリが中国の中央宣伝部国際宣伝処の顧問であったこと、また、「南京大虐殺」が起こったとされる一九三七年当時、南京の人口は虐殺されたとされる三十万よりも少ない、二十万人だったことなどを知らせたかった。これらの客観的事実をあくまでクールに提示し、「南京大虐殺は本当にあったのかどうか」について読者の判断を仰ごうという主旨です。
~~~~~
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR