スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南京事件はなかった」茂木弘道氏H25年講演録(2)

2014.11.16.16:34

平成25年8月25日『「南京の真実」パネル展』講演会
南京虐殺は中国国民党の戦時謀略宣伝である
「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道

~~~~~

4、国際委員会の記録

・Documents of the Nanking Safety Zone

・国際委員会のおよそ2カ月にわたる記録

・日本軍の非行記録が載っているためか、国民政府の外交関係機関の監修で上海のKerry & Walsh社から出版

・しかし、非行記録は風評がほとんどで、目撃が少なく信頼性に欠ける。

・殺人は27件出てくるが、目撃のあるものは1件のみ。しかもそれは、合法的な殺害とわざわざ注記がある。

・いわゆる虐殺(不法殺害)は1件もないことになる。


5、あるはずのない南京虐殺→東京裁判で30万虐殺の告発

基本資料は「南京地方院検察処敵人罪行調査委員会報告書」その正体は、序文にあり

「進んで自発的に殺人の罪行を申告する者甚だ少なきのみならず、委員を派遣して訪問せしむる際においても“冬の蝉の如く”口を噤みて語らざる者、或は事実を否認する者、或は自己の体面を憚りて告知せざる者・・・等あり。」

ところが、「種々探索・訪問の方法を講じ、数次に亙り行われたる結果、確定せる被殺害者は既に30万に達し、この外尚未だ確証を得ざる者20万を下らざる景況なり」と結論。

これをベースに中国人、外国人の証言などによって10万、20万といった判決となった。外国人証言、特にベイツ、マギー、フィッチなどの証言が大きな役割を果たし、架空の大殺害にあたかも信憑性があるかの印象を与えた。


6、南京虐殺に疑似信憑性を与えた3つの柱

・ティンパーリ: マンチェスターガーディアン記者『戦争とは何か』を編集出版(イギリス、Victor Gorants社より)

・ニューヨークタイムズ(ダーディン記者)、シカゴデイリーニュース(スティール記者)の記事

・ベイツ: 金陵大学教授、聖職者、安全区国際委員会の中心的活動家。


~~~~~

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。