NEWSWEEK掲載〈利用され、悪用される歴史 加瀬英明氏〉(中)謝罪のメリットがない

2014.11.16.18:50

World Affairs  Using and Abusing History

利用され、悪用される歴史

オピニオン  慰安婦問題を国際社会が批判するほど
       日本は態度を硬化させて強く反発するだろう
                 加瀬英明(外交評論家)


~~~~~

謝罪のメリットがない

だが最近、長年にわたって影を潜めていたナショナリズムがいくつかの理由によって台頭している。

まず、2000年代初めまで続いた経済不況に見舞われると、謝罪する見返りが明確でなくなった。また、保守本流の安倍晋三首相は53歳で、閣僚や補佐官らのほとんどが40~50代だ。この世代にとっては、生まれる前に起きた出来事についてなぜ詫びなければならないのか、実感できない。

日本のナショナリズムが復活している。中国の異常な軍事力拡張と、北朝鮮の核の脅威によるものでもある。近隣諸国が目先の利益のために、過去の出来事に悪乗りしていると思えることへの反発もある。

韓国政府は1965年に日本との国交を正常化した際に、慰安婦問題にまったく触れなかった。日本の左翼が、80年代に入ってからこの問題を創りあげたのだ。

慰安所も、その実態は商業施設だった。米陸軍の報告書によると、慰安婦は「売春婦」であり、日本の官憲による「拉致」の例についてはひとつも見つからなかつた。慰安婦の4割が日本人であったことにも注目するべきだ。


多くの日本の政治家は、南京虐殺は中国が捏造したもので、中国がこれを使って政治経済などの領域で日本から利益を引き出そうとしているとみなすようになった。今年2月と3月には延べ60人以上もの国会議員による勉強会が3回催され、事件を否定する多くの証拠が提示された。

~~~~~

(筆者は福田赴夫、中曽根康弘両首相の特別顧問として訪米した)
NEWSWEEK 2007.4.11




2007/04/10 にアップロード
《史実を世界に発信する会 代表 加瀬英明》
「慰安婦、南京問題の反論記事をNewsweek誌に掲載」
 ・1944年20人の慰安婦と2人の業者に尋問
 ・拉致された慰安婦は一人もいない
 ・業者は朝鮮人でさらった覚えはないと証言
 【アメリカの国会図書館に所蔵】
「韓国のマスコミは反論できず罵倒のみ」
「江沢民の傭兵、『河野洋平』」
「南京事件に関する温家宝首相への公開質問状について」
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR