スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口裕之の軍事情勢より「拷問を隠す中国」(上)顔が裂けてポップコーン

2015.03.01.17:18

2014.12.22 【野口裕之の軍事情勢】拷問を隠す中国が、公表した米国を非難する鉄面皮
http://www.sankei.com/world/news/141222/wor1412220002-n1.html

「中国は一貫して拷問に反対している。米国は行動を正し、国際条約に真摯に従わなければならない」ー冒頭の言葉は、米上院情報特別委員会が9日に公表した、CIA(中央情報局)によるテロ容疑者への過酷な尋問に関する調査報告書を受けた中国外務省報道官のーコメント。拷問を隠す中国が、公表した米国を非難する大胆不敵ー。ー中国の鉄面皮にはツッコミどころ満載だが、常人はそんなにツラの皮が厚くない。小欄は国際人権団体の告発書(9月)を読み《ポップコーン》なる中国公安の隠語を知った。公安警察官が電気ショック警棒で非合法指定する気功集団のメンバーを殴ると、顔が裂けてポップコーンの様に見えるので、警官たちはそう言って揶揄するらしい。批判された警官はうそぶくやもしれない。「生きている人間の肉を削ぎ落とす《凌遅》、皮膚を剥ぎ取る《剥皮》など、中国王朝の伝統的刑罰を踏襲したに過ぎぬ」と。


このような拷問シーンを南京事件で登場させたのが、アイリス・チャン「"The Rape of Nan
king"」です。
その一説が国際派日本人養成講座さんの講座「南京事件の影に潜む中国の外交戦術」にあります。

ーーーーー
1.目をえぐり、耳と鼻をそぎ...
 チャンがどのように「南京大虐殺」を描いているか、その一端を覗いてみよう。南京占領の章では、生き埋め、八つ裂き、火あぶり、氷漬け、犬にかみ殺させる、強姦などのおどろおどろしい記述が続く。たとえば、こんな具合である。

 「少なくとも、100人の男が、目をえぐり出され、耳と鼻をそがれてから、火炙りにされた。また別の200人の中国人兵士や市民は、裸で学校の戸や柱に縛りつけられ、zhuiziと呼ばる柄のついた特別な針で口やのどや、目など何百カ所も突かれた。[The Rape of Nanking, Iris Chang, Basic Books, 1997,p87]」

 このzhuiziとは、いったい何なのか。語感からして日本語ではないようだ。手元の日本最大級の英和辞典にも出ていない。中国の伝統的な拷問用具なのだろうか。
 そうなら日本兵が中国の拷問用具を使って、いかにも中国的な虐殺をしているわけで、まことにリアリティに欠けた描写である。いつ、どこで、誰が、という基本的な事実はいっさい出てこないので、検証のしようもない。


ーーーーー
Japan On the Globe 国際派日本人養成講座(60)南京事件の影に潜む中国の外交戦術 平成10年10月31日
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h10_2/jog060.html

講座では「"The Rape of Nanking"」文章や写真の誤用がいくつも取り上げられ、この本がトンデモ本でありながら欧米で大きな影響を与えてきたことが述べられています。
本編は↑にて拝読していただき、こちらでは講座の最後の章で締めさせていただきます。

ーーーーー
■6. 影に潜む高等戦術■
 アイリス・チャンは、中国系アメリカ人によるいくつかの全米規模の団体から後援を受けており、さらにそれらは、中国政府から資金提供を受けていると確認されている。 [「ザ・レイプ・オブ・南京」中国の陰謀を見た、浜田和幸、文芸春秋、H10.9]
 日本が南京で30万人を虐殺したのなら、原爆投下はそうした犯罪国家への罰なのだ、という免罪符をアメリカ人は手に入れることができる。そういうアメリカの態度に日本人は改めて不快感を抱くだろう。こうして南京事件は、現在の日米同盟に対する楔となるのである。同時に日本には犯罪を償う賠償金として経済援助を中国に払い続けさせることができる。

 まるで、三国志の時代のような中国的高等戦術である。謝罪問題の影には、こうした国際的な外交戦術が潜んでいることを我々はまず認識すべきである。
 もうひとつ、文化的な問題も絡んでいる。事実かどうか、いっさい気にせずに罵詈雑言を浴びせかけるのが、中国式喧嘩のようだ。それに対して、日本人は事実を曖昧にして、とにかく謝ってしまって、水に流そうとする。
 両者は対照的だが、事実を無視している点では同じだ。
我々日本人ももっと、事実と論理をもって、いいがかりには断じて反論するという姿勢を学ばなければ、到底、権謀術数うずまく国際政治の世界ではやっていけないであろう。
ーーーーー
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。