スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽文書が決定した対日認識「田中上奏文」を考える 岡田邦宏(1)黙って見過ごせないウソ

2015.03.15.10:00

ーーーーー
◆黙って見過ごせないウソ

この夏、ある方からアメリカのテレビ番組のビデオテープをお送りいただいた。それは米国の戦史を証言を交えながら紹介する、一見まじめな歴史番組のシリーズなのだが、そのなかに南京事件が取り上げられていた。
見てみると、なんと、あのアイリス・チャンがあたかも当時の証言者のような顔をして登場し、例の『ザ・レイプ・オブ・ナンキン』の内容を紹介しながら日本人の残虐性を語っていたのである。

日本軍は南京で三十万以上の中国市民を虐殺し、八万人をレイプした――アイリス・チャンが『ザ・レイプ・オブ・ナンキン』で書いた「南京大虐殺」説は、事実無根であることは既に内外の専門家によって明らかにされている。その意味で、『ザ・レイプ・オブ・ナンキン』は、一種の偽書と言ってもよく、相手にするのもばかばかしいのだが、しかし、このように米国のメディアによって権威付けられてチャンの主張が巷間に流布している
という事実を見せられると、黙って見逃すわけにはいかないー。

というのは、戦前、中国で作られた偽文書が、米国で反日世論作りに利用され、さらには米国の対日政策にまで影響を及ぼしたケースがあるからである。いわゆる「田中上奏文」のケースである。
今年春から、産経新聞が連載している「ルーズベルト秘録」は、第三部として掲載した「日本脅威論」のなかで、「百年計画」という日本の「侵略計画」を米国大統領が信じ、彼の対日観を決定付けたことを紹介し、この「百年計画」が「田中上奏文」なる偽文書と酷似しているという事実を指摘している。

さらに、この偽文書の影響はそれだけにとどまらない。東京裁判では、冒頭陳述でキーナン検事が、日本の目的は「入念に計画された」「全世界の征服」にあったと述べた。それがA級戦犯二十六名にとって、まったくの事実に反する罪状である ことは言うまでもないが、この検察側が描いた日本による「全世界の征服」計画の根拠もまた「田中上奏文」であった。

その意味で、「田中上奏文」は偽文書が現実政治に影響を及ぼした典型例といえよう。まだそうした直接的な影響は与えていないものの、
アイリス・チャンの『ザ・レイプ・オブ・ナンキン』の謬説が未だに流布し続けている米国の現状 を考えれば、この「田中上奏文」を単に偽文書として片づけるだけではなく、その経過を改めて確認することも一つのケーススタディとして意味のあることではないかと思う。
ーーーーー
偽文書が決定した対日認識「田中上奏文」を考える(『明日への選択』編集長 岡田邦宏)〈『明日への選択』平成12年9月号〉
http://www.seisaku-center.net/node/199

極東国際軍事裁判(東京裁判)での田中上奏文の取り扱いについてWiki. を参照します。
〜〜〜〜〜
日本の敗戦後、極東国際軍事裁判では、侵略戦争の共同謀議の証拠とすべく国際検察局(IPS)が開廷の直前まで田中上奏文を探した。しかし、1946年5月5日ニューヨーク・タイムズに、田中義一・元内閣書記官長の鳩山一郎が偽文書であることを主張したインタビューが掲載され、更に、元国務省極東局長のJ・バランタインが田中上奏文は存在しないことを説明したので、IPSはこの上奏文を探し出すことをあきらめた。

東京裁判当時・中華民国の国防次長であった秦徳純は、1946年7月24日、日中戦争の開始に関する証言への反対尋問の中で、田中上奏文の真実性について明言はしなかったが、田中上奏文は実在しないとしても現実に行われた行動によって表現されていると主張した。25日には、文書の真実性に何か確信があるかとの裁判長の問に対し「真実のものとも、否ともいえぬ。だが日本が実際に行った事実は田中が預言者であったかの如くさえ思われる。」と答えた。最終的に田中上奏文は東京裁判では証拠として採用されなかった。

〜〜〜〜〜
まず開廷直前まで田中上奏文の実物を探しており、日本の罪の証拠として上げる算段でした。
もちろん偽書ですのでそんなものは見つかるはずありません。
それでも裁判において田中上奏文の呪縛は解消できなかったようです。
しかしその程度の話ではありません。
仮にも国際裁判であり国家を裁くのですから、偽書の真偽が関わってくるだけでも末恐ろしいことです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。