スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際派日本人養成講座(28)平気でうそをつく人々(起)百人斬りの全容

2015.03.16.22:12

_/ _/_/ _/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ _/ _/ _/ Japan On the Globe (28)
_/ _/ _/ _/ _/_/ 国際派日本人養成講座
_/ _/ _/ _/ _/ _/ 平成10年3月14日 2,292部発行
_/_/ _/_/ _/_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/     Media Watch: 平気でうそをつく人々
_/_/
_/_/ _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h10_1/jog028.html

■1.あんな事はホラさ■

元帝国陸軍大尉・向井敏明のもとに警察が訪れたのは、復員後1年足らずの昭和22年であった。米軍憲兵が彼を捜しているという。警察は暗に逃亡を進めたが、「自分は悪いことをしていないから、出頭します」と答えた。

妻は、虫の知らせで「もしや、百人斬りの事が問題になるのでは?」と聞いたが、向井は「あんな事はホラさ」と、事もなげに言った。しかし妻の不安は的中し、これが夫婦の最後の会話となった。向井は南京に連れ去られ、「百人斬り」をした戦争犯罪人として死刑となったのである。[「『南京大虐殺』のまぼろし」、鈴木明、文春文庫、'83, p71]

■2.百人斬り競争!?■

昭和16年、東京日日新聞(毎日新聞の前身)の浅海記者は、南京を目指す日本軍を報道する中で、次のような記事を書いた。

百人斬り競争! 両少尉早くも80人 (11.30)

百人斬り”超記録” 向井106-105野田 両少尉さらに延長戦 (12.13)

■4.向井少尉の遺書■

 浅海記者の記事が証拠となって向井、野田両名は、南京に送られ、中国の軍事法廷で死刑に処せられた。裁判中、家族が浅海記者に、あの記事がでたらめだったことを証言してくれ、と必死に頼んだが、浅海記者が書いてくれたのは「同記事に記載されている事実は、向井、野田両氏より聞きとって、記事にしたもので、その現場を目撃したことはありません」という内容だった。

 これは非常に巧妙なセリフで、「百人斬り」そのものが事実かどうかは知りません、ただ二少尉がそれを自分で話していたのは事実です、という意味になる。結局、二少尉が「百人斬り」を自白したのと同じ事になったのである。

 向井少尉は処刑の前に、-遺書を残した。

 一方の浅海記者は戦後、毎日新聞を代表する「大記者」として活躍し、定年退職後は「日中友好推進派」として、毛沢東や文化大革命を礼賛した数冊の著書を残している。[「『南京大虐殺』のまぼろし」、鈴木明、文春文庫、'83 ,p98]



■2.百人斬り競争!?■の記事については↓を参照してください。
「「南京大虐殺」のまぼろし」事実が変貌する過程 / 南知隊 2014.11.04.
http://mayuryou1025.blog76.fc2.com/blog-entry-539.html

■4.向井少尉の遺書■については↓を参照してください。
向井、野田両少尉の遺書 / 南知隊 2015.03.15.
http://mayuryou1025.blog76.fc2.com/blog-entry-613.html

国際派日本人養成講座さんには、いつも学ばせていただいています。
このような形ではありますが、ひとつずつご紹介させていただきます。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。