【歴史戦】習近平が「日本の暴行暴いた」と嘘の称賛をしたジョージ・ホッグ(下)英国人ホッグの正史

2016.09.01.15:19

2016.8.31【歴史戦】習近平氏が「日本の暴行暴いた」と称賛した英国人記者、「南京事件」の現場に居合せず 在職記録もなし【ロンドン=岡部伸】

http://www.sankei.com/world/news/160831/wor1608310007-n1.html

(中国は2008年にドイツなどと合作で映画『チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道』を制作。その原作『オーシャン・デビル』を執筆した英タイムズ紙記者のジェームズ・)マクマナス氏の著書などによると、(映画の主人公であるジョージ・)ホッグ氏は上海入りした後、湖北省黄石市に移り、孤児施設で教師を務めた。中国の国民党政府軍が孤児たちを徴兵しようとしたため44年11月、孤児60人を連れてモンゴル国境に近い甘粛省山丹まで移動。戦火から子供たちを守った「中国版シンドラー」と評されている。


45年8月24日付のマンチェスター・ガーディアンによると、ホッグ氏は同年7月に破傷風で病死した。


ホッグ氏の両親からの依頼で死因を調べた在重慶英国領事館から英外務省に宛てた46年1月9日付公文書(英国立公文書館所蔵FO369/3426)は「ホッグ氏が校長を務めた山丹の学校教育が中国で最も素晴らしい教育の一つで、ホッグ氏が誠実に天職(教師)に尽くし、協同組合活動の指導者として修練を重ねる極めて良質な人物」と記している。


戦下に散った名も亡き善良な民間人を祭り上げ、虚構と共に亡霊の如く蘇らせる中共の情報戦には呆れ返ります。

時の首脳が外交先の公の場でこれを恰も史実のように語ってしまう、これが中国共産党であり、共産主義です。

人類は刻まれた歴史から学び、次代の道を開拓しなくてはなりません。

そうでなければ人類の業のもつ後悔の歴史が繰り返されてしまうからです。

先人をこのように扱うことは、日本でいえば靖国神社に奉られた英霊を再び戦火に投げ入れるようなものです。

これほどに礼を逸した所業はありません。

この経緯より、残念ながら当ブログではホッグに対して軽蔑の称しか与えられなくなりました。

願わくは、これ以上ホッグの名が南京事件の虚構の中で蘇らないことです。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR