「アメリカの鏡・日本」(3)誰のための戦略地域か

2017.06.20.20:37

ーーーーー
 蒋介石のオーストラリア人顧問、W・H・ドナルドがルソンの日本軍捕虜収容所から解放されたあとのインタビューで語ったところによれば、日本は1938年から1941年の間に「十二の和平案」を行っている。
 日本側の条件は中国側に「有利」なものだった、という。つまり、日本の要求は、満州国の独立の承認、華北の経済と開発に関する何らかの権利、「外蒙古から及ぶロシアの影響力の伸長を阻止するための内蒙古の政治的調整」だけだった。ドナルドは「日本はこれらの提案の中で、領土的要求はいっさいしていない」と語っている。

ーーーーー
 どちらが戦争を始めたかはともかく、私たちの戦争目的は、日本のアメリカ征服を阻止することではなく、日本を征服することだった
 戦前、戦中を通じて、日本が帝国の一部として、あるいは委任統治領として支配する地域に攻め入り、アメリカ本土からはるか遠くに広がるアジアの島と領土を占領することがアメリカの目的だった。そしてついには日本の本土を占領することが私たちの目的だったのだが、ふくれあがった軍国主義日本の虚像がこの事実から私たちの注意をそらしてしまった。

ーーーーー
 日本の戦争機関は一度も「アメリカの安全を脅かした」ことはなかったのだ。日本が実際にやったことと言えば、私たちの海岸線から3700キロも離れた軍港にいる艦船を爆撃したことである。彼らが私たちの大陸に最も近づいたのは、3000キロ離れたアリューシャン列島の島の二つを占領した時である。それも攻撃の先鋒としてではなく、アメリカの攻撃を遅らせるための自衛手段だった。
ーーーーー
 スチムソンは、日本が降伏しない場合は11月1日に本土上陸することを決定していたと述べている。そしてこの作戦では「米軍だけで百万の死傷者」を覚悟していたというが、これは恐ろしい決定である。これだけの命が懸かっているのに、私たちは降伏するつもりの(同年3月以降のこと)日本のスポークスマンを受け入れて、降伏の用意があるかないかを確かめようともしなかった。私たちは勝手に、日本は降伏しないと決め付けていた。米戦略爆撃調査の報告を読むと、もし私たちがポツダム会議で日本の意向を聴取していたら、ポツダム宣言も、原子爆弾も、本土上陸作戦も必要なく、降伏を準備できたように思われる
 日本政府の頑迷派に圧力をかけるためなら、女子供の命を蒸発させることも「優れて適切な」手段であるというスチムソン元陸軍長官の言明が、戦争の熱いさなかだけでなく、日本の降伏から一年半も経ったというのに、いまだに記事になり、広く容認されている。この事実は、私たちの選んだ社会理念が、私たちが思っていたほどには明確でなかったことを物語っている。
 私たちは他国民の罪だけを告発し、自分たちが民主主義の名の下に犯した罪は自動的に免責されると思っているのだろうか

ーーーーー
 疑問はもう一つある。それは対日戦争の最終段階にかかわる疑問である。
 私たちは最後の最後になぜあれほど焦ったのか。日本が少なくとも三ヶ月間にわたって、降伏への道を模索してきたことを知りながら、なぜ決断までに11日しか待ってやれなかったのか
 この疑問に対する答えは、アメリカと日本の関係ではなく、アメリカとソ連のやりとりにある1945年2月7日のヤルタ会談における「最高秘密」合意で、ソ連は中国領内の一定領土及び財産を確保することを条件に、対日戦への参戦を約束した。ソ連としては、彼らが参戦して「合法的」に戦利品を要求できるまでは、日本に降伏して欲しくなかったのだろう
 一方私たちは、もし日本が即時無条件で降伏してしまったら、ソ連は参戦しようがすまいが、日本に侵入してくると見ていたから、日本がソ連に和平条約を提示することを望んでいなかった。そして、日本が無条件降伏をしない場合は、満州と朝鮮に駐留する関東軍をソ連に抑えさせようとし、同時に、ソ連が来る前に日本本土を占領しようとしていたのだ。
 もし、この分析が正しく、これ以外に事実を説明できる分析がなければ、わたしたちは日本の一般市民十数万を大量虐殺してでも、早急に結論を出そうとしていたということができる。もしこれに失敗したら、数十万の米兵を犠牲にしてでも、計画通り日本上陸作戦を敢行しようとしていた。私たちが日本人に対してつかった原子爆弾は、日本に対して使ったのではない。なぜなら、日本はすでに完全に敗北していたからだ。
 原爆はソ連との政治戦争に使用されたといえる占領は私たち自身の政治・経済目的を達成するための装置だこの目的に日本人が関係してくるのは、たまたま日本人が戦略的に重要な島に住んでいるからにすぎないのだ

ーーーーー
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR