『南京の実相』2

2010.04.17.11:04

人気ブログランキングへ


こんにちは、bbです。

 今日は先日書いた、外国メディアに対する回答を『南京の実相』から忠実に引用します。



 まず、ロイターの質問への回答です。
 (質問は4月15日の記事にあります。)


質問①、②はまとめてお答えします。

 「南京小委員会」は、民主主義国の責任として「自由と民主主義」を守るために設立した委員会です。ご承知のように、現在の中国では「自由と民主主義」が保証されておらず映画製作は許可制なっています。
 この会は、中国のように「歴史認識」を政治の道具にすることなく、歴史の真相を「一次資料」に基づいて検証することを目的としています。


 たとえば、「大虐殺」の根拠とされている『戦争とは何か』の著者マンチェスター・ガーディアン記者のティンパーリーが、中国国民党の当時の極秘資料で“国民党の工作員”と証明されていますので、その公文書の収集もします。それだけでも『戦争とは何か』は政治宣伝工作本との実体が明らかになります。
 また、「南京大虐殺」があったとする1937年12月から1938年1月末までの、「タイム」、「ニューヨーク・タイムズ」の記事の収集も対象です。
 「ロンドン・タイムズ」のマクドナルド記者はまさに「大虐殺」が実行されたと言われている12月15日南京にいたにもかかわらず、「ロンドン・タイムズ」に12月~翌1月までの間、南京で虐殺があったなどとの記事は一切ないのです。 
 「ニューヨーク・タイムズ」の12月8日付には、中国が日本軍の仕業といいつのる「三光作戦」(焼・殺・奪)が、実際には、中国軍がやったと記事にしているのです。


 このような、当時の一次資料に基づいて是々非々で調査する会です。
 仮に「捏造映画」が国際的に通用することにでもなれば、近代国家の「宝」である、民主主義が破壊されることになると考えています。


 また「南京問題小委員会」が、あった、なかったとの結果を出すことはいたしません。ただ、一次資料を中心にまとめたものを数ヵ月後に発表する予定です。



質問③への回答

 当時の署名記事でAP通信のマクダニエル記者「私の見た死者は戦死者であった。中国兵、日本兵ともに略奪した。日本は安全区を守り、ここは攻撃をくわえなかった」となっています。
 1937年12月15日~16日に南京にいたマクドナルド記者は17日上海から打電した記事が、18日のタイムズに載っていることは、ご承知のことと存じますが、「数千人の中国人が安全区に逃げ込んだ」とか、「通りに死体が散在したが、女性の死体はなかった」などが記事になっています。(文章原文のママ)
 これら、当時の資料に基づいてこれからも研鑽しますが、個人としての見解は、「南京問題小委員会」小委員長の職責上、回答を控えさせいていただきます。


質問④への回答

 河野談話は、日本の伝統文化的、曖昧な表現をしているため、誤解されるところがあることは周知の事実です。談話を見直すと言うより、欧米社会では、当然提示するべき一次資料を政府が公式に出していませんので、そのような資料を公表する必要があると考えています。この問題は、近々まとめて発表すると思われます。


質問⑤への回答

 私も強制連行はなかったとの外務大臣の判断は間違っていないと思います。政府が慰安所設置に関与したとするなら、それはGHQ占領下に米軍へのための資料はございます。

 また、2月21日の内閣委員会でも、取り上げましたが、戦争と暴行の問題は日本だけの問題ではありません。昭和28年2月27日、第15回国会参議院での藤原道子議員は「米軍の暴行事件は、昨年12月まで独立後8ヶ月間におきまして1,878件を数え、なお泣き寝入りになっておりまする件数は膨大な数であろうと思われます。」などの不幸な事件が多発していた事実がありますが、未だ米国からの明確な謝罪がありませんが、このようなことが、米軍によって行われていたことを米国、マイク・ホンダ下院議員は承知しているのでしょうか。




質問⑥への回答

 採択されることになれば、少なからず影響があると思っています。

     (2007年2月27日)


タイム誌への回答。


質問①への回答

(ロイターと同文なので略します。)


質問②への回答。

 日本は中国と違い、表現・言論の自由は保障されています。しかし映倫の倫理規定に反するようなものには、年齢制限の「R指定」などの対象となるでしょうが、上映に対して政治家が判断することなどありません。
 一次資料に基づく資料を作成することを目的にしていますので、それを発表することで、ジャーナリズム関係者、及び世界の人々が冷静にはんだんしていただければよいと思っています。

(2007年2月14日)

以上引用終わります。私をはじめ、南京問題初心者には参考になると思います。この後続く検証は、要約しながらまた書いていきたいと思います。

造詣の深い方は、何を今更!と思われるかもしれませんが、一人でも多くの人に気づいて欲しいという考えから、あえて入門編として、お読みいただければと思います。
スポンサーサイト

theme : 中国問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

ke-goさん、政さん

2010.04.18.15:14

コメントありがとうございます。

ke-goさん

そうそう、言い換えればそういうことです。

この問答いいでしょう?
全部英訳つきです。


政さん

こういう報告って、じっくり読む機会余りありませんよね。

日比谷野音の「過去現在未来塾発足講演会」で買ってきました。

みんながもう分かりきっていることでも、報告して行こうと思います。

教科書議連の議員さんは、まじめでいい人材が多いです。

No title

2010.04.17.12:13

bbさん、ご苦労さまです。
いや、この問答なかなか良いです。

・自由と民主主義
本音を言えば、こんなもの日本人には興味なくて、日本の汚名を晴らしたいだけなのですけれども、このフレーズを用いることによってアメリカは座視できなくなる。小委員会、やるなあと思いました。

・AP通信のマク記者、マクド記者の打電など、米国の一次史料を提示したのは賢い。日本人記者や従軍兵士の証言など、日本側一次史料よりも、米国に対しては説得力ある。また事実を重視しようとするアメリカの良心にも訴えかけられる。少なくとも無視はできまい。

・河野談話
うまいこと逃げたなあ。合格。

・米軍行為への言及
参議院での藤原証言、など米軍の暴行事件への言及は我こそは正義で在らんとするアメリカ人への最大のミサイル。
また、未だ米国からの明確な謝罪がないことへの言及は、アメリカ人に自己矛盾を示し、考える機会を与えるタイムリーヒット。

以上ですが、概してよくやったと評価できる内容だと思います。
bbさん、紹介ありがとうございました。この小委員会、なかなかやりますね~。


プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR