南京大虐殺紀念館の建設要請をした田邊誠(1)昭和60年8月社会党田邊誠書記長団支那訪問

2016.05.18.13:52

南京大虐殺紀念館の建設要請をした、社会党元議員・田邊誠が昨年(平成27年)亡くなりました。
田邊誠とは何者だったのか、記事から検索します。

国対政治のドン田辺誠死去 語られざる金丸訪朝団の謎 週刊文春WEB2015.7.9
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5253
7月2日、旧社会党の委員長を務めた田辺誠氏が93歳で死去した。自民党の金丸信元副総裁と太いパイプを持つ「国対政治のドン」として知られ、一時代を築いた。 田辺氏は、群馬県出身。組合活動を経て、国会議員となり、右派のリーダーとして書記長、委員長を歴任する。

いまだに謎が多い「金丸訪朝団」に関しては、田辺氏しか知り得ない秘密もあった。1990年9月、金丸氏と田辺氏が両党の国会議員らを引き連れて北朝鮮を訪問。当時は北朝鮮による日本人の拉致事件の認知度は低く、世論は北朝鮮との国交回復に期待し、両氏は喝采を浴びた。実は、訪朝団は田辺氏の「お膳立て」で実現した自社両党の一大プロジェクトだった。田辺氏は1983年の党書記長就任後、党のお家芸である対北外交に力を注ぐが、北朝鮮側が万年野党の社会党よりも自民党との関係を重視し始めた。そこで、野党の限界を知る田辺氏は、国対政治のパートナーの金丸氏に訪朝を打診したのだ。金丸氏は当初、国交のない北朝鮮行きを渋るが、田辺氏が懸命に説得したという。

金丸・田辺ラインはその後も機能した。半ば伝説となっているのが、1992年のPKO国会だ。PKO協力法案を巡り、与野党の対立が激化。自民党にスキャンダルも噴出し、予算成立が見通せない混乱状況に陥った。当時の宮沢喜一首相の懇請により副総裁に就任した金丸氏は、子飼いの梶山静六氏を国対委員長に指名する。梶山国対となると、予算は無事に成立。PKO協力法も修正を経て、成立したのだ。

1996年に政界を引退し、地元の群馬県前橋市内で老人福祉施設の運営に専念した。昨年夏に面会した関係者によると、杖を使って自力で階段を上るほど元気だったという。

故田邊誠は社会党、自民党系に近かったということで右派寄りではありますが、国会運営や議員活動を有利にするために立ち回る面があるようです。

これだけでは、故田邊誠と中共の関係が見えて来ません。
コピペを辿って過去の産経ニュースの一文を追記します。

ー【引用】ここからー
(前半略)
昭和50(1975)年。 首相の三木武夫が8月15日に参拝したが、そのとき記者団がくだらない質問をした。例の「公人としてか? それとも私人としてか?」である。これに対して三木は馬鹿げたことに「私人として」と答えた。その後も首相の参拝が問題になることはなかったが、これをきっかけに天皇の靖国御親拝ができなくなるという大きな禍根を残した。この時以降、しばらく政教分離が問題となる。

昭和53(1978)年。靖国神社は「A級戦犯」とされた人々14柱を合祀したこれに反発したのは日本の左翼だけで合祀の後も大平正芳が3回、鈴木善幸が8回、中曽根康弘が9回参拝した外国で騒ぐ国など皆無だった

昭和60(1985)年朝日新聞は常道を逸した「反・靖国キャンペーン」を展開し、「戦前回帰」「軍国主義」といったヒステリックな記述が朝日新聞に連日登場したその中で「(靖国問題に)中国は厳しい視線で凝視している」と馬鹿なことを書いたのが、加藤千洋である朝日新聞お得意のご注進記事である

その年の8月26日には社民党書記長の田辺誠を団長とする社会党の支那訪問団が北京入りし支那首脳に対し「中曽根内閣が軍事大国を目指す危険な動きを強めている」とくだらないことを述べ、翌8月27日、支那の副首相が中曽根の靖国神社公式参拝を非難したこの時が支那の最初の非難である
ー【引用】ここまでー

靖国問題に火を付けたのはが朝日の加藤千洋であれば、これに乗じて靖国問題を中共に嗾けたのが故田邊誠です。

ユネスコの嘘07、虚々綯交ぜ

2015.11.23.20:08

2015.9.10 【歴史戦】「南京大虐殺文書」「慰安婦関連資料」を中国が記憶遺産に申請 登録されれば「虚構の歴史」が定着する可能性も…
http://www.sankei.com/world/news/150908/wor1509080008-n1.html

中国国内の公文書館などが保管する「慰安婦関連資料」と「南京大虐殺文書」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の記憶遺産に登録される可能性が出ている。

■ ■ ■
日本政府はユネスコに、「一方の国の一部の人たちが主張している資料を登録することが、本来の目的に合っているのか-と伝えている」(外務省関係者)。安倍晋三首相も昨年11月7日、ボコバ事務局長が官邸を表敬した際、記憶遺産について日本側への配慮を求めたという。ただ、世界遺産のように決定までの過程に関係国政府が意見できる場がないためか、日本政府内では「登録を阻止しようという本気度が感じられない」との声も出ている。


日本政府の対応は不十分だとする民間団体の「南京の真実国民運動」と「慰安婦の真実国民運動」は7日、政府による登録阻止行動を求める声明を内閣府と外務省に提出した。記者会見した藤岡信勝・拓殖大客員教授は、「政府には多額のユネスコ分担金を払わないぐらいの態度を示してもらいたい。このままでは中国の思い通りになる」と述べた。


2015.9.5 【歴史戦 第13部 戦後70年抗日行事(下)】「共産党が対日勝利」印象操作 映画「カイロ宣言」主役は毛沢東
http://www.sankei.com/world/news/150905/wor1509050006-n1.html

「歴史を改竄するなと日本にさんざん要求しておきながら、これは恥知らずな歴史観だ」中国版ツイッター「微博」などに珍しく批判の発言が並んだ。「抗日戦争勝利記念日」の3日、中国国内で公開された映画「カイロ宣言」のポスターや宣伝画像に、1943年11月のカイロ会談に出席していない毛沢東が、さも「主役」のように登場したことを指す。映画は中国人民解放軍系の撮影所で今年、製作された。

戦後処理の方針を討議し、カイロ会談には米大統領ルーズベルト、英首相チャーチルのほか中国国民党の蒋介石が英語を流暢に操る夫人の宋美齢を伴って出席。日本降伏後の領土処理などを内容とした「カイロ宣言」を発表した。毛沢東は当時、中国大陸の陝西省延安におり、カイロ宣言には関係ない。毛はその後の国共内戦に勝利して49年に中華人民共和国を成立させ、その後初代の国家主席に就任した。

しかし、ポスターではルーズベルト、チャーチルのほか、毛と同様に会談に参加していないソ連のスターリンの4人に扮した俳優まで登場している。「まるで毛主席がカイロ会談そのものを主催したようだ」(中国版ツイッターへの中国人の若者の投稿)との印象まで与える作りになっている。中国共産党は自ら政権の正統性を主張する基礎として、「共産党が抗日戦争に勝利した」ことをアピールしている。-台湾のある有識者は憤りを隠さない。「抗日戦争を中国大陸で戦った主役は誰かとの論争に、誰もが知っている歴史の事実まで、映画を使ってねじ曲げる動きを平然とする党がある」中国共産党中央党史研究室の幹部は北京での8月13日の記者会見で、「(共産党が)全民族の抗戦で大いに役割を確実に発揮し、中国人民の抗日戦争勝利の中心となった」と主張。さらに、「(蒋介石の)国民党も重要な役割を果たしたことは否定しないが反共だった」などと述べ、共産党中心の歴史観こそが正しいとの考えを曲げなかった。

街路樹が狭い車道に沿って延びる上海中心部の旧フランス租界。脇の小道を入った右側に「大韓民国臨時政府」庁舎があった。「石庫門」と呼ばれる上海の伝統的様式で造られた長屋風の建物。その前の小道で4日午前、改装記念式典が催され、韓国大統領の朴槿恵(パク・クネ)が出席した。「わが民族の主権回復に希望をもたらした臨時政府の改装記念式典に出席したことは非常に意義深い」聯合ニュースによると、朴はあいさつでこう述べ、中国側に謝意を表した。初代大統領、李承晩(イ・スンマン)や金九(キム・グ)ら独立運動家の子孫を含め約50人が詰めかけたという。大韓民国臨時政府は1919年に独立運動家らによって樹立された。韓国では同臨時政府の正統な後継国家が現在の大韓民国であるととらえられている。朴は韓国の“聖地”ともいえる場所で日本批判は行わなかったが、4日付の中国共産党機関紙、人民日報が朴の書面インタビューを掲載。「歴史を否認しようとすることは、片手で天をさえぎろうとするようなものだ」という朴の言葉を紹介した。


中国国家主席、習近平は3日の抗日戦争勝利記念行事で、日本の歴史認識を問題視する発言をしており、人民日報の報道を介して、歴史戦における「中韓共闘」が演出される形となった。しかし、習政権が先の戦争で韓国と共闘を図ろうとするのは無理がある。

大韓民国臨時政府を主に支援したのは共産党ではなく国民党だったからだ。韓国にとって共産党は朝鮮戦争で戦火を交えた敵であり、朝鮮半島の分断をもたらした当事者でもあった。

この矛盾は両国の「のどに刺さったとげ」(韓国の識者)であり続けた。それを名実共に解消しようとしたのが、習の強い要請で実現した朴による3日の人民解放軍によるパレード参観だったといえる。全面改装し、5日に再オープンする大韓民国臨時政府庁舎にも工夫が凝らされている。「中国の支援」コーナーを新設。臨時政府主席も務めた金九が43年、共産党機関紙に寄稿した文書が初公開される。中韓共同の抗日運動の重要性を訴えたもので、共産党も機関紙を通じて、臨時政府の活動を支援していたことを強調する思惑があるのだろう。

ユネスコの嘘05、隠された資料からの歴史戦

2015.11.21.06:18

2015.9.10 【歴史戦】「南京大虐殺文書」「慰安婦関連資料」を中国が記憶遺産に申請 登録されれば「虚構の歴史」が定着する可能性も…http://www.sankei.com/world/news/150908/wor1509080008-n1.html
中国国内の公文書館などが保管する「慰安婦関連資料」と「南京大虐殺文書」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の記憶遺産に登録される可能性が出ている。

保守系の民間団体は、 登録が認められれば「虚構の歴史を事実であるかのように世界的に定着させる一助になりかねない」 と危機感を強めており、日本政府に対し、登録阻止に向けて早急にユネスコに働きかけるよう求めている。

中国側の申請は、「“慰安婦”に関する資料-旧日本軍の性奴隷」と「南京大虐殺の文書」の2件。 ユネスコのホームページは一部とみられる申請資料を掲載している が、いずれも捏造が確認された写真や、証言として不適切な文書、所有者の許可がないまま使用された写真などだ。

日本政府は申請が判明した昨年6月以降、複数回にわたり真正性などを確認するために全体の申請資料を開示するよう求めてきた。 中国側は「中国国内に残された日本軍の資料だ」と主張して拒んでいる。

10月4~6日にアラブ首長国連邦のアブダビで開催されるIACで登録の可否が審査され、結果は7日にも発表される予定だ。  ただ、世界遺産と違い、記憶遺産は関係国が関与できる場面が少なく、透明性に欠ける。IAC委員と、内部に設置された登録小委員会の委員らは歴史の専門家ではなく審査過程の透明性も確保されていない。-記憶遺産に詳しい関係者は、「 ボコバ・ユネスコ事務局長は事業促進のため資金拠出を働きかけており、中韓はさまざまな形で要請に応じている。事実上のロビー活動だ 」と証言する。


2015.9.3【歴史戦 第13部 戦後70年抗日行事(上)】 「日本の侵略者は極めて残虐」と中国・習近平国家主席 米の難色無視し中韓共闘
http://www.sankei.com/world/news/150903/wor1509030004-n1.html
北京の人民大会堂。2日、中国国家主席、習近平は抗日戦争勝利に貢献したとして退役軍人やその遺族、外国人ら計30人に記念メダルを授与した。


中国国営新華社通信によると、習は演説でこう述べた。「日本の軍国主義の侵略者は極めて残虐で、この世のものと思えぬほどの悲惨な手段で中国人民を扱い、大量虐殺をもって、屈服させようとたくらんだ」

中国は抗日戦争勝利70年を記念する一連の行事について「特定の国を標的にしたものではない」と一貫して主張してきたが、この日の習は違った。同じ人民大会堂で昼に韓国大統領の朴槿恵と会談した習は冒頭、こうも述べた。「両国人民は日本の植民侵略に対する抵抗と、民族解放を勝ち取る戦いで団結し互いに助け合った」-歴史問題で中韓が歩調をあわせようとする姿勢を鮮明にしたといえる。

習は今回、朴ら外国首脳を初めて軍事パレードに招待した。軍事パレードは単なる軍事力の誇示ばかりではなく、「アジアの盟主」として中国の国力を内外に印象づけるねらいがある。日本だけでなく欧米主要国はいたずらに「過去」に焦点を当てた行事を危惧し首脳の出席を見合わせた。そうした中で、米国の同盟国である韓国の国家元首が同席することは習にとって大きな意味を持つ。


欧米各国が出席を見送る中で中国が代わりに“動員”したのは、アジアやアフリカなどの途上国の首脳だった。いずれも中国の経済力に依存する国々だ。-「抗日戦争」とは何の関係もないアフリカ諸国の参加に向け、中国は記念行事について「抗日戦争勝利」と同時に「反ファシズム戦争勝利」を枕詞に使った。外務省報道官、華春瑩は2日の記者会見で「いくつかの国は抗日戦争とは直接関係はないが、彼らは中国人民が第二次大戦で払った犠牲と貢献を高く認め称賛している」と説明した。華はさらに続けた。「歴史の事実は中国が地域や世界の平和の断固たる保護者、建設者、貢献者であることを証明している」


過去を利用し、今を利用し、中共の力を背景としたプロパガンダが続いています。
力の前に事実がねじ伏せられ、信じるものが虚偽の中に埋もれていきます。
支那共産党の理念が、まるで今の中国人民が陥っている現実のように、世界を覆っていきます。
見せられない資料が世界遺産の印を受ける、今まさに歴史戦の渦中です。

ユネスコの嘘03、際立つ異質さ

2015.11.14.06:31

2014.6.11 【南京・慰安婦 記憶遺産申請】定まらない評価に際立つ異質さ 既存遺産と一線
http://www.sankei.com/world/news/140611/wor1406110022-n1.html


ユネスコの記憶遺産は、申請から決定までに通常約1年半かかる。文部科学省によると、登録申請の締め切りは西暦の各偶数年の3月末まで。中国が今年3月末までに申請していたとすれば、申請が認められるかどうかは来年の夏頃に決まる可能性が高い。

申請は政府に加え、地方自治体や民間団体、個人でも可能だ。申請後はユネスコによる事務的な審査を経て、奇数年の5~8月に開かれる「ユネスコ記憶遺産国際諮問委員会」の審査を経て、最終的にユネスコ事務局長が可否を決定する。

ユネスコでは、文書や書籍などの文化的価値の評価に絶対的な基準はないとして、真正性や唯一性などの基準を設け、「世界的重要性」を評価するとしている。ただ、記憶遺産は、ユネスコ事務局が作成した「一般指針」によって審査され、申請内容や審査過程の公開義務はなく、透明性を欠くとの指摘もある。


慰安婦や南京事件については、歴史的な事実関係や評価が定まっていない。多分に政治的な思惑を込めて一方的に提出された資料に基づき、記憶遺産としての登録の是非が審議されるのは、過去の記憶遺産が概して歴史的評価の定まった事物であるのと比較しても、異質と言わざるを得ない。 (田北真樹子)

プロフィール

南知隊!

Author:南知隊!
~南京の真実を知らせ隊~
略称『南知隊』
『南京大虐殺』と言う歴史歪曲による不当な冤罪を多くの人達にしってもらおう!
そんな想いを持った人々の集合ブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
南知隊ブロの中で検索したい事柄があった場合、↓の窓に語句を入力して「検索」ボタンを押すと、該当の記事が出ます。
通州事件の真実
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR